FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
賛数仙人シリーズ
2011年04月30日 (土)
算数は予習シリーズで進めている我が家。
週ごとのカリキュラムは無視状態で、とにかく毎日進む。
まだ4年生だからこんなことできてるんだとも思うんだけど。

ただ、5年生になったら内容がグンと増えるという。
今は週に1単元なのが、5年生からは週に2単元なんだとか。ひょえ~。

なので前倒し気味にして5年生の分もなるべく早めに始められたら・・
なんてことを考えてはいるところ。(もちろん4年生の解き直しもした後)

そこで読んでみたい本を見つけた。

難関中学に合格する!!小5の夏に差をつける 算数の重要ポイント 5年(上) (賛数仙人の教え) [

うちは塾通いじゃないしその予定もないし、元々難関校志望でもないので
この手の本はあまり関係ないよな~ってことが多いのだけど
中身を見てみると(amazonで中身見れる)これはそうでもないっぽい。

どうも↓コレの続編らしく、こちらもなかなか良さげ。

難関中学に合格する「算数脳」の鍛え方 (YELL books)  [

こういうタイトルにはちょっと抵抗を感じるタイプなのだけど
目次を見てみて途中気になったのが

まずはとにかく計算力!
■通塾する前の準備
■4年生がはじめて授業で「和差算」を習ったら
■計算力は身を助ける
■受験算数にそろばんは必要か

応用を追ってはだめ、基礎ばかりもだめ
■スラスラ、ヘトヘト
■子供にあたえる問題
■粘るべきか、粘らざるべきか
・・・・(後略)


というような項目。本文が見れないので何だけど。
それから

算数を教えるために
■教えたい気持ち 習う気持ち
■子供のやる気をひき出すには
■個別指導でのこと
■宝を捨てていませんか
■図形の学習
・・・・(後略)


自宅で勉強を見ている私にはちょっと気になるな。

で、続編とやらの

難関中学に合格する!!小5の夏に差をつける 算数の重要ポイント 5年(上) (賛数仙人の教え) [

こちらは予習シリーズの5年算数を題材(?)に書かれているようで
予習シリーズについての説明や副教材、コースの目安なんかも書かれてる。

塾の先生が書いた本らしいので、予習シリーズを使ってる塾なんだろうな。
というより、元々は大手塾の先生で2010年に独立したらしい。

だからなのかそれまでの本は「賛数仙人」という名前で書かれてて
「小5の夏に差をつける」は独立後に書かれたようなので本名(?)が掲載。
親野智可等先生が現役時代にその名前でメルマガやってたようなものかな。

予習シリーズに即した話っていうのが助かる。
「小5の夏・・」には「単元別学習マニュアル」という項目もあって
具体的に話が書いてあるんじゃなかろうか(ここまではamazonで見れず)
教材についての説明も最初に載っているので
予習シリーズを始めてみたいけど・・という時に読んでたらわかりやすかったなぁ。

うちみたいな自宅組にとってはありがたい本かもしれない。

賛数仙人シリーズってことで、他にも

難関中学に合格する!!相似形と面積比・図形の移動トレーニング 改訂新版 (YELL books) 難関中学に合格する!!算数脳を鍛える図形トレーニング 増補改訂版 (YELL books) 難関中学に合格する!!場合の数・数え方トレーニング (YELL books)

こんなラインナップがあるらしい。
うちは目指せ難関中学!ではないので気が引けるけれど、
一応問題も基本・標準・応用とレベルわけで載っているようなのでよさげ。

特に図形は重なり合ったものの面積や角度を出す問題は
志望校の過去問(学校説明会で貰えた)で見たことがあるし
ムスメはこの辺のヒラメキは足りないようなのでねぇ。

「図形トレーニング」は中の問題を見てみると
基本問題をムスメにはしっかりやって欲しいなと思うので候補。

こういうのってあれこれ手を出して買いまくると大変なことになるので
なるべく様子見にしたいところだし、演習不足なら演習問題集買えばって
話もあるんだけど、ピンポイントでやりたい、私も勉強したいと思うと
このシリーズはちょっと気になるので、時期を見て買ってみたい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
No title
こんばんは。御見舞いのコメントありがとうございました。相変わらず素晴らしいですね~。実は勉強ってコーチングが一番大事だと思います。その役割をきちんとされているblueさんにいつも拍手です。

うちは私の都合で英語までたどり着かない毎日を悶々と?過ごしております。まあ、なるようにしかなりませんがね。

その本の「そろばんは必要か」云々が読みたいです。うちはそろばんやらせているので。役に立っているよなないような。

計算力をつけるは塾でも一番いわれます。前回から毎週朝計算タイムみたいな課外授業が始まりました。計算が速いと何がいいかというと、計算問題以外の文章題に時間が割けることがいいようです。それと計算で確実に点をとっていくのがテクニック?のようです。

うちは超マイペースなので、計算用紙からの写し間違い、時間切れの連続です。それを見越してそろばんをさせてるんですが、役に立つのか好ご期待。

英語やろうと意気込んでORTのstage6.7の2セットを清水の舞台から降りる気持ちで買ったのに、全然よめてません。くすん。あれ、高いですねえ。

では、気持ちを引き締めにきますね~!
2011/04/30(Sat) | URL  | angel [ 編集]
angelさんへ
体調戻られたようで何よりです^^

コーチング…と言って頂くと嬉しいです。でも実際は鬼コーチ、又は星一徹かと(苦笑)
家のテーブルがちゃぶ台じゃなくて良かったです。
接客業が長かったので、本能的に相手に合わせて対応を変えられるのかも。
そう思うと集団相手ではなく個別対応向きですね(私が・笑)

計算力は大事って言われますよね。
なので塾入る前にそろばんや公文で計算力を鍛えておくと良いとか。
文章題でも図形でも考え方がわかった後に結局最後は計算で答えを出すので
正しいのはもちろん、そこで時間喰ってたらもったいないですもんね。

うちは問題で考えて~計算で考えて~そして戻れない~ということが多いんです。
計算に体力取られてしまうんでしょうね(涙)
なので一問一答レベルならできても、計算した結果をまた使うという二重構造だと
こんがらがってしまうので、やはり計算体力は欲しいところです。
(とはいえ私もそろばん等できなくて計算は遅いのですが・・・)

ORTは高いですよね~。
マジックツリーハウス(1冊300円ほど)を買うようになって余計に感じます^^;
ステージ6以上ならまだいいですよー、ステージ1~2あたりだと何とも・・・(以下略)
2011/05/01(Sun) | URL  | blue@管理人 [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可