FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
流し読みと精読
2011年04月29日 (金)
Magic Tree House を読んでいて(現在6冊目)、読んだ話の内容は
邦版を読んでいるムスメと話せるくらいは理解できてるんだけど
わからない単語はたーーくさん(汗)

こんなんでいいのか?と思いつつも、辞書は引かないことにしてるというか
基本的に寝る前に布団の中で読んでいるので辞書は引けないんだけど(苦笑)

何冊か読んでるうちにわかってきた単語もあるし
実のところはわかってないけど、多分こんな意味かな~と思う単語も出てきた。
まぁ、短めな子供向きのお話なので勢いで読んでるようなもんで。

準2級の長文をムスメと読んでいこうと思って(それについての日記はコチラ
いつものようにコピーしがてら目を通してみた。

読んでみると何となく言ってることはわかる。
でもわからない単語はちょこちょことある。3級の時より格段に多い(汗)
と言いつつも話は何となくわかる。

それでも今回はちゃんと読もうという主旨なので、辞書を引いてみた。

すると・・・すごく話がわかる。
スッキリする~。気分的なことだけじゃなくて内容がスッキリわかる。

これは単語というよりも熟語のおかげかな。
それも既に知ってる単語の組み合わせの熟語。

全く知らない単語じゃないから、最初は適当に読み流して推測していて
それでもゴリ押し感が否めなかった。だからスッキリしてなかったんだろうな。

例えば point out(指摘する)とか、come up with(思いつく)とか。

別に意味がわからなくても前後で話がわかれば困らないっちゃ困らないけど
それでもわかると「あー」と話が繋がる気がする。

単語だと、それこそ話の前後でパキッと意味がわかる時もあるし
物の名前だったりすればもうドンピシャでわかっちゃうこともあるけど
こういう熟語になると、わかるようなわからないような・・・で。

調べながらノートにメモしているけど、それでも頭に入ってない(苦笑)
1度調べたものをまた出てきた時に調べたりすることも(アホ)
まぁ頭に入れるためにメモしているというわけではないので(言い訳)

ムスメと一緒に読んでいく時に、調べてたら時間がかかってしまうので先に予習。
過去問・予想問題集なら同じ単熟語が出てくることもあるので
そこで見ているうちに頭に入っていくといいな、なんて。

準2級レベルの単熟語が頭に入った後に Magic Tree Houseを読んだら
今よりもっとスッキリ読めるのかもしれないな~。
それを楽しみにちょこちょこやっていこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可