FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
中2パートへ(瞬間英作文)
2011年04月25日 (月)
毎日の最後の〆でやっている瞬間英作文トレーニング。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

1月の英検が終わってからスタートして3か月、中学1年パートが終了。

23パートを4パートずつに分けて、それを各10日間ずつ。
ひたすら毎日同じ4パートをくり返しくり返し。
全部が済んだら、23パートを2つに分けてそれをまた毎日くり返し。
この最後の通しは延べ2週間くらいかな。

不思議なもので、ボーッとしながらでも私の読み上げる日本語に反応して
ボサーッとしながら英語の文章が返ってくる。
パブロフの犬じゃないけど、条件反射か?と思うほど。

だけど最初のうちはスラスラどころか、つっかえつっかえだったし
私の後にリピートするのも、英文を見ながらの音読もゴタゴタしてた。

それが続けていくとこんな風になるなんてなぁ・・継続ってすごいな。

そして中学2年パートへ。

やはり一番ボリュームのある学年のようで34パート。
内容も中1のように「How」ならそれだけ、「When」ならそればっかりと
キッチリ分かれているんじゃなくて、同じページでも「過去形」というくくりなら
いろんな表現(How・When・~していた等々)が混ざり合ってるので
その点だけでも高度な感じがする。

でも中1できちんとやってきたので何とかなりそう。

ムスメとも「いきなりコレだったら無理~だよね」と苦笑いしたけど
ここまで中1範囲を嫌というほどやってきたので、それが役に立つと思いたい。

・・・が、やっぱり最初はグダグダゴタゴタだった。

クイズじゃないし、時間をかけてでも英文にするのが目的ではないので
言葉が出てこなかったら横から単語を教えたり、それでも続きが出てこなければ
本の英文を見せて一緒に音読。

ムスメは答えを見せられちゃって少々気に入らないみたいだけど
口に馴染ませるのが目的なんだからね。

中1の学年を通しでやった時は時間省略のため、私の音読はパスしたけど
最初のうちは口に馴染ませるためにも
「私が英文読み上げ&ムスメがリピート」の工程も必須だな。

最初はゴタゴタして時間がかかるけど、これも慣れてくれば短くなっていくし
10日間連続やっていれば慣れてくることも体験済みなので
ここは焦らずにキッチリやっていくに限る。

しかし1ページにいろんなパターンの英文が出てくるので本当に勉強になる。
これがスラスラ出てくるようになる日がくるのを楽しみに毎日続けよう。

ちなみにこれまでと同じペースでいくと、中2パートが終わるのは9月初旬(笑)
毎日コツコツの真骨頂だな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可