FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
サブノートと週テスト問題集
2011年04月09日 (土)
予習シリーズの理科と社会、別に読むだけでもいいかと考えていたけど
元々読み物には若干距離のあるムスメなので
テキストを置いておけば自然にパラパラと眺めてて~なんて無理だと思った。

実際、何かで話が出た時に「コレに載ってたよ~」と出してきて一緒に見た後
ムスメ用の机にそのまま置いておいたりしたんだけど、その後一切触らず。

ドラえもんの学習漫画や「そーなんだ!歴史編」は
このパラパラと眺めてて~のパターンになってるんだけど。
まぁ確かに予習シリーズは見たところ上の2つのように楽しそうでもないしな。

勉強に絡める方がスンナリ取り込めるので、サブノートを買ってみた。
4年生版は理科と社会で1冊になってるんだな。

サブノートのサンプルページは見れないので実物で初めて中身を見たけど
必要な部分が穴埋めになってるんだ~~、へぇ~。
こりゃ、書き込んだ後に見直すのも見やすいなぁ。
高学年で予習シリーズ本体よりもサブノートを見直すって聞くのがやっとわかった。

ムスメに見せてみたら予習シリーズ本体より喰いつき上々。
こういうテスト形式?っていうのは好きだよなぁ。

これで足りるのか足りないのかわからないけど
・・・いやいや、これで足りるんでしょう、多分。受験用だぞ、一応。
ムスメの志望校レベルならこれでも充分な気がする。(難関じゃないし傾斜配点だし)

週ごとのカリキュラムに乗る気はないけど、でも後々溜めてしまって
まとめてやるっていう方が大変かもしれないので、ボチボチ始めることにした。

予習シリーズを読む&要点チェックで1日、翌日にサブノートで1日。
平日の月・火で社会、木・金で理科、みたいな予定。

本当は欲を言えば月・火で社会、水・木で理科、金で週テストの過去問・・・
あ、4年生で週テストは理科社会はなかったんだっけ。
じゃあ5年生からはそんな風にやってみれたらいいなぁ。

予習シリーズ読む→サブノートにまとめる、としても
きっと読むのはナナメ読みで、サブノートに取り掛かりそうだよなぁ。
(私がそういうタイプなのでよくわかる)
でも調べながら書き入れていくっていうのでも何かは頭の中に残りそう・・だといいな。

それからついでに、予習シリーズの今年度残り分を一緒に買った。(送料節約)

理科・社会の予習シリーズ(下)、計算と一行問題集(下)、ことばの練習帳(下)
サブノート(上・下)、それから週テスト問題集(上・下)

そう、週テスト問題集ってのを買ってみた。

週テストと、5回ごとの公開組分けテスト、学期ごと年3回の学判テストが載ってる。
国語は著作権の関係で載ってなくて、週テストは算数のみ、
公開組分けテスト・学判テストは理科社会も載っていてかなりのボリューム。

すんごい分厚いーーと驚いたけど、よく見たら3ランク分の問題が全部載ってるからだ。
自分がどのランクなのかわかってないような我が家の1冊目にはちょうどいいのかも。
学判テストもどんな感じなのかが見れるし。

各回、各ランクごとの平均点がきちんと載ってるので
自宅でやってみて子供の様子を見ることもできる。
リアルタイムでの立ち位置を知る必要がなければ過去問で・・というのも頷ける。

それに・・週テスト問題集は1冊1680円。安い。

さて、いつどういう風に取り入れるか。

cコースは無理だとしても、せめてa・ bの2コースはやりたいしなぁ。
算数予習シリーズの問題をきちんとやれてから・・じゃないといけないだろうし。
あ、ムスメは理解はできててもポカをやらかすんだった。うーむむ。

予習シリーズを総合回ごとの自主的な直しも含めてやり終えたら
週テスト問題集を順番にやっていくとにすると、また最初からの復習になったりして。
ダメか?そういう風に使うもんじゃないか??うーむむ。

そうすると日にち的に市販のドリル(ハイクラス・トップクラス)を
入れることができるのかな。欲張り過ぎになってもいけないしな。
カリキュラム通りに週テストとして利用するかどうかも含めて
(てか週テストそのものなんだけど)ちょっと要検討。

理科と社会は公開組分けテストと学判テストがあるので充分だ。
後でまとめてやるのか?いや、違うな。
習ったところまでを復習しながら定着させるのが四谷大塚じゃないか~。

というわけで、理科と社会は来週からサブノートも含めてやることにして
5回・10回ごとに過去問題集をやっていくことにしよう。

それで4年生の間は有料のテストは見送ろう。
年3回の学判テストくらいは・・とも思ってみたけど
よく考えたら5年生からスタートする子も多いんだし(特にこのあたりじゃ)
だったら4年でやることもないわけで。

4年生では過去問を使ってどんな程度かやってみて考えよっと。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可