FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
総しあげテスト(トップクラス算数)
2011年03月26日 (土)
3年生の算数が全部終わった。

最後は市販ドリルのコピー組3冊(ハイクラス・ハイレベ・トップクラス)の集大成、
トップクラス問題集の巻末に付いている別紙「総しあげテスト」2回分。

トップクラス問題集 算数 小学3年

問題用紙と解答用紙が別々に分かれていて、それぞれB4サイズの大判。
時間も1回あたり45分間という大がかり(?)なもの。
(時間制限は設けず、一応目安として計ってはおいた)

問題数が多くって、最初のほうの計算問題は軒並み1問1点。
普段の本体のテストだと1問10点や15点なんてのもあるからテストっぽい。
最初の計算問題なんかは落とさずにきちんと点数を取ろう、みたいな。

ムスメもいつものダイニングテーブルではなくて、自分の机で取り組んだ。
(リビングの隅にある120cm×45cmの作業台←私のお下がりだけど)

持ってきた解答用紙はいつになくキッチリとした字で書いてある。
そうか、よそいきの字だな。どうやら学校のテストなんかもこういうことらしい。

答え合わせをして、間違い直しをして
わからなくて空欄のところは少し一緒に見ながらもう一度やってみた。
結構いろんな分野から問題が散りばめられてて良かったなぁ。
難易度も簡単な計算問題から特殊算だよね?というものまで順に入ってた。

終わったら本体カバーにあるように、文理のHPへ行って結果を入力。
そうすると画面上で成績表が出る。
ムスメはこういうのが好きなのでモチベーションアップになる。

ちなみにこんな感じ(画面コピー)

top1.png

各項目ごとにアドバイスもある。

1回目はちょうど45分くらいでやれて83点(画面のやつ)
2回目は1時間ちょっとかかった割には69点。

最初の計算問題・文章問題、1回目はノーミスで
こういうところで点数を大事に取っていかないとなと改めて思った。
2回目は計算問題でポカミス2問、文章問題では式に数字を転記ミスをやらかした。
225を255、みたいな。やっぱり出たか・・・って感じ。

図形は両回ともにちょい勘違いくらいで惜しい~というところ。
でも基本はわかってて本人にも苦手意識がないのが良いかな。

大問4はちょっと突っ込んだもの。単位、時間、面積だとか簡単な植木算とか。
1回目では1問ミス、2回目では半数がわからず。
でもどれも一緒に落ち着いて見ていったり少しヒントを出して図を描いたら
理解できていたので、これも数をこなせばできるようになるかな(希望)

最後の大問5はほとんど空欄。
ここは「さらに進んだ算数」のくくりの、つるかめ算・倍数算・周期算らの
1問ずつで、良い問題だなーと思ったんだけど。

倍数算だけは先日からの文章題特訓(ハイレベ)でやったおかげか唯一できていて
つるかめ算・周期算の問題は一緒にやって「あ、そっか」という感じ。
これも追々やっていくうちに自分の中に取り込んでいければ・・かな。

点数というより、どういう感じでやれるのかがわかって良かった。

*******************

ムスメにも話したんだけど、これからはいろんな物の合わせ技になってくるよ、と。

今まではかけ算の問題、1kg=1000g、10個のうち1つが10分の1、なんて
単発でわかっていればできるようなものが主だったけど
これからはそれをいろんな形で単位や量を計算しつつ、そして文章題を解きつつ・・
という合わせ技になってくるので、1つ1つちゃんと理解できていないとね、と話した。

そうなんだよ、これからは複合の合わせ技でもっと算数らしくなってくるんだろうな。
言われたことはキッチリできるけど機転の利きにくいムスメはどうなるか。

でも何事も積み重ね、最後の大問はできなくても最初の計算問題で落とすことなく
基本的なことがきちんとできるようにしていきたい。

これにて3年生分は終了。明日からは4年生の予習シリーズへ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可