FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
復習テストB
2011年03月09日 (水)
算数は今、まとめテスト(ドリルによって呼び名が違う)で総復習中。

ハイクラステスト算数 (小学3年)

これのテスト部分を終わらせて、次は

トップクラス問題集 算数 小学3年

の復習テスト。

復習テスト【A】と【B】が6枚ずつくらいあって、まず【A】を終わらせた。
ハイクラス問題でも【A】と【B】に分かれたし、難易度がちょいと違うみたい。

だからか【B】に入ってから、なかなか時間がかかる(汗)

そもそも書いてある目安の時間が30分。
ってことはムスメならもうちょいかかる・・か。

これはやる必要あるのか?と迷いもあるにはあるんだけど
でも考えてみる、やってみる、図を描いてみる、手を動かしてみる・・って
自分にできることを手を尽くしてみて欲しいので、【B】にもトライしてる。

時々放っておくと「あっ、そういう意味か~」とつぶやいてることもあるし
質問の意味(意図)がわからないってところから止まってしまうんで
「あ、そういうこと聞かれてるのか~」と自分で気づくのは良い体験(笑)

こういう時に間違えるのは別に問題じゃなくて、
「やってみないこと」や諦めちゃうことの方が我が家では問題。
手を動かさないで人に聞くとは何事だ~!(鬼母)

でも私もすぐにわからないことが多いので紙にせっせと書いてから答えを出す(汗)
ムスメも見よう見真似で何か書いてる。

時間の兼ね合いもあるし、ここでこんなに時間を喰わなくてもいっかと
答え見て「なるほど~」で〆ようと思っても「諦めちゃダメ!」と言われる(爆)

うーん、真面目っちゃ真面目なんだけども(笑)

まぁ考えて答えが出れば達成感もあるわけで、その気持ちはよくわかるし
子供がそう言ってるのに「いーじゃん、答え見ちゃっても」と押し切るのも何だし
結局2人でアレコレ書き散らかして考える。

ちなみに相当難問ではないんだけど(苦笑)

本当はムスメが自分で何か書けるといいんだけどね、まだ難しいみたい。
だけどそこで諦めずに、アレコレやってみよう、というのが今のテーマ。

ちょっと一緒にやってみれば「あ・・」と気づくこともあるし。
こういうヒントをもらうクセが付いてしまうのは良くないって話もあるけど
放っておいたってできないんだったら、考えるっていうことを一緒にやってみて
「あ・・」と思うことを体験して何か体得してくれたらいいなと。甘いかねぇ。

だけど4年生の分になったら、こういう時間のかかるもののウェイトは減らして
基本のものをガッチリ固めていこうと思っているので
こうやって2人でうーんうーんと唸りながら考える(同一レベルか・笑)のも
今のうちかと思ったりして。

「せっかくなら」「どうせなら」と思っちゃうんだけど
平たく考えたら全部やる方が無駄だったりすることもあるし
断捨離じゃないけど、考えてスッパリする部分はスッパリしないとなぁ。

貧乏性だから断捨離って憧れるけど難しそう(苦笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可