FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ(4年)
2011年01月06日 (木)
注文していた4年生の予習シリーズが届いた。
おぉ~、何かいよいよだなぁ。

買ったのは
予習シリーズの算数(上・下)、理科(上)、社会(上)
計算と一行問題集(上)、ことばの練習帳(上)の計6冊。

本体としては国語はナシ、算数だけ上下とも購入。
副教材は理科・社会はナシ、「漢字の練習」もパス。

◆算数◆

春休みもゴールデンウィークも関係なく一気に進める予定で
5月には下巻に入ると思うので、今回上下とも購入。

ただし今販売されてるのは上巻が23年度版、下巻は22年度版。
(下巻てのはいつも6月中旬以降に発売らしい)

中身やカリキュラム的にはどうなの~?と思って問い合わせてみたら
算数に関しては今回改訂なしとのこと。よかったよかった。

上下巻で年度がズレてて、どちらにも入ってる単元(またはその逆)が
あったら困るもんねぇ。ま、あまりそこまで大きなズレはないみたいだけど。

そういえば5年の算数も今年の11月あたりから開始したいわけで
その頃に販売しているのは上下ともに23年度版。

その時に上巻だけ買っても、下巻を始めるのが下巻発売前(6月)なら
結局は下巻も23年度版しか買えないわけか。
じゃあ秋に上下まとめて買ってもいいってことだな。なるほど。

国語はカリキュラム的(説明文・物語文)には変わらないけど
著作権の絡みで題材の文章が差し替えになることがあるらしい。

なので塾や他の人と揃えて使う場合などは足並みが揃いません・・とのこと。
個人で家庭で使う分にはいいらしい。
てか我が家は国語は使わないんで関係ないんだけどね(爆)

で、算数の中身のほうは、ジュニア予習シリーズで見慣れてるけど
やっぱり導入部分てのはわかりやすそうでいいなぁ。

1回分につき導入部分3ページ、基本問題1ページ、練習問題2ページ。

あれ?ジュニア予習シリーズには確か応用問題ってのもあったような??

確認してみると
導入部分2ページ、練習問題2ページ、応用問題2ページだった。

説明することが多くなってくるから導入部分が増えてるのかな。
それから4年生からは演習問題集・月例テスト集など別で用意されてるから
本体の演習は少ないのかな。(3年生用では別での問題集はないので)

そうか~、演習が少ないって聞くのはこういうことか。
こりゃ演習問題集の1冊くらいは欲しくなるわ(納得)

市販のハイクラス問題集・トップクラス問題集なんてやってる場合なんだろか。
ここは素直に演習問題集を買ってきちんと復習してった方がいいんだろか。
はてはて、ちょっと考えちゃいますなぁ。

どちらにしても今年度中は3年生の市販ドリルをやりつつ
予習シリーズを始める格好になるので、やりながら考えとこう。

◆理科・社会◆

別に急がないので上巻のみ購入。

理科の改訂予定はなし。
社会は性質的にその都度手直しが入るらしい。(そりゃそうか)

中を見てみると、「読み物として読んどいてください」と
塾の先生が言うのがわかる気がした。

理科と社会は他の参考書(?)を買ったことがないのでわからないけど
字の大きさや写真・イラストなんかも適度で見やすいと思う。
漢字もかなりふりがながふってあるし文字もそこそこ大きいしね。

1回分はどちらも5ページ+要点チェック1ページ。
要点チェックは別に問題としてノートにやるってんじゃなくて
「どこに書いてあったかな~」って前に戻って見るくらいでちょうどよさげ。

学校の単元とどれくらい合ってるのかわからないけど
授業の予習や復習にもなってくれたら嬉しいなぁ。

◆計算と一行問題集◆

様子見で上巻のみ購入。

ジュニア予習シリーズ(上)を始める時にコレも一緒に使ってみたんだけど
問題数も少ないし、その割にお値段はイッチョマエだし(すみません)
・・などなどで下巻は買わなかった。

3年生だと学校でやってること自体が計算中心だったり、宿題も出るし
市販ドリルでも日々計算が出てくることが多かったっていうのもあったし。

だけど日々の計算問題コツコツは大事だと聞くし
ウッカリミスが多いので、その辺もきちんと直せるようにと今回また採用。

3年生の分はまだまだ範囲が少なくて物足りなく感じちゃったんだけど
4年生のは単位換算、小数、分数・・と盛りだくさんで良さそう。

1回分は少しずつだし、予習シリーズと足並みが揃ってるらしいので
これは1週で1回分(①~⑦まで7日分)を毎日コツコツとやることにしよう。

◆ことばの練習帳◆

「漢字の練習」はパスして、その代わり(?)に。
525円という試してもいい価格だったし(コラ)

でもコレ、525円とは思えないほどの(しつこい)良いものだと思う。

見本ページでは国語辞典の使い方みたいな問題だったけど
漢字の部首や画数、同音異義語、熟語の組み立てなんかも出てくるので
これは買ってよかったかも。

同音異義語あたりは全国統一小学生テストでも見そうな感じだし
まさにムスメの苦手なあたり。ありがたや。
もちろん漢字ばかりじゃなくて外来語だの熟語だの出てくるのでなかなか良さそう。

こちらもカリキュラムと同じく19回分。
1回分2ページだけど、結構やりごたえのある回もあるみたいなので
回数で区切らず1ページずつやってくかな。

分量も多いし(うちには)、毎日の計算・漢字みたいに足すんじゃなくて
国語の市販ドリルと同じ扱いで38ページのドリルだと思ってやるかな。

*************

ムスメは届いたのをひと通り見て理科も社会もおもしろそうに眺めてた。
これがカリキュラムとしてやるようになったらどうなるか(笑)

算数も植木算を見つけたり、場合の数の樹形図も「これ前にやったやつだ~」
「おもしろそー」と言いながら今にもやりだしそうな勢い(笑)
決して理数系なヒラメキがある子でもないと思うんだけどなぁ、不思議。

2月中旬から開始予定。
それまでにきちんと3年生の市販ドリルをやり切ろう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可