FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英語学習
2009年10月08日 (木)
ムスメの習い事の1つは英語。

2歳になる年(実際には1歳半くらい)に英語教室に通い始めたので
今年で6年半習っていることになる。

最初は大手の教室で、歌って踊るリトミック主流なもの。
幼稚園の間に個人のこじんまりとした教室に変わった。
今のところは年齢も上がってきたからか割と読み書きもさせる教室。
リトミック主流だったところも今の年齢なら同じかもしれないので比べられないけど。

成果はわかるような、わからないような。
耳はよさそう。発音もやたらと舌を巻くけど(苦笑)、でも悪い方じゃないと思う。

という私は英語がペラペラなわけじゃないんだけど(おい)

ただ発音は悪くないようで、教室の先生にも誉められたことがある(お世辞?)
耳はどうかなぁ、でも文章を見た方がわかりやすいので中学校英語そのものかな。
でも言ってることは何となくわかるという感覚。

ムスメの状態はよくわかっていない。
なんせ昔は親子同伴レッスンだったけど、さすがに今は子供だけだからね。
話しかけてみても習ってない単語や言い回しはわからない様子。
一応センテンスはやっていて(当たり前か)、アウトプットもやってる模様。

実はあんまり熱心に英語はやっていなくて、というより全然やっていなくて
教室にお任せということで宿題だけをフォローしていたのだけど
せっかくなら、と家でもできることをやってみようかと。

そこで辿り着いたのが「Oxford Reading tree」というもの。(略してORT)

イギリスの小学校で使われている教材だそうで、CD付き英語絵本。
レベルごとにステージがあって、語彙数だとか文章の長さだとかが
ステージごとに揃えてあるので少しずつレベルアップしていけるらしい。

CD付き英語絵本とは思いつかなかったけど、
素人の聞きかじりだと、英語は「聞く→読む→話す→書く」の順がよいらしく
それならまずは「聞いて読む」でしょう、ということで勝手に納得。

でも教室ではどちらかというと、話す・書くが主になってるような気がする。
(見学していないのであくまでムスメの話からの推測だけど)
教室を変わろうかと考えたこともあるけど、通いやすさや先生への信頼もあるので
ここは「聞く・読む」を家でフォローしようかと思って。

本当はフォニックスをやろうかと思ったのだけど、
よくよく思い出してみたら前のリトミック英語で先生がフォニックスで
子供にアルファベットを連呼してたなぁと思って、ムスメに聞いてみたら
これが意外と残ってた。今の教室でも先生がところどころ言うみたいだし。
改めてフォニックスをやってるという感じではないけど、今のところはスルーして
ORTの方へ行ってみようかと。

ORTでもフォニックス編(というのかな)があるようなので
よければそちらも取り入れてもいいし。

しかしオフィシャルHPや説明のHPを見てもよくわからない・・・
ということで、まずこちらを買って読んだ。

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ
イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ

ORTの中から各ステージごとに1つずつのお話が載っていて、
その部分の朗読CDが付いているので、お試しのつもりで。
早速聞きながら読んでみた。

絵がかわいい。絵本としても好き(私の好みはどうでもいいかもしれないが)
ステージごとのレベルもだいたいだけど比べることができて参考になった。
ORTを始めるのに迷ってる人はサンプルとしてお勧め、と聞いてたけど
まさに私も同じこと言って人に勧めると思う(笑)

朗読CDは1つのお話を2回繰り返してある。
1回目はページが変わる時の合図で木琴みたいな音がチロリン♪と入る。
なので読めてなくてもわかってなくてもページをめくって付いてくことができる。
2回目は合図は入らないけど、変わりに場面に合った効果音が若干入る。

ムスメは私がこの本を読んでるのを知っていたので、見せると興味津々。
CDをかけて本を持たせると、チロリン♪のところでページをめくり
わかってるかわかってないか不明だけど楽しそうに見ていた。

日本語の絵本でも、どちらかというと字を読むより絵を楽しむ子なので
もしかしたらコレも絵を楽しむ方に傾くかもしれないなぁ。
でもCDをかけながら見るようにしたらいいのかな。

ムスメが見ている横で、私はCDに合わせて読んでみた。
ステージ5でお話が長く感じたようで、「ここで終わる~」と終了。

それから「ママは外国に行ったことある?」に始まり
「英語は話せる?」とか、「どうして英語がわかるの?」など質問攻め(笑)

そんなに話せないけど言ってることは何となくわかるよ~と正直に答えたけど
ムスメからしたらCDに合わせて言えるだけでもママすごいと思ったらしく
英語をしゃべれるようになりたいなぁ・・なんて言ってた。

夜も突然英語風なことを言ってきたりする。
教室で習ってる言い回しではなく、どっかで見聞きしたやつだと思うんで
発音も意味もよくわからないんだけど、英語を話すのに憧れてるというか
「やってみたい」という気持ちはよーく伝わってくる(笑)

これで私がペラペラなら英語で語りかけなんてできるんだろうけどねぇ。
なので一緒に勉強するつもりでORTをやってみようと思う。
ORTの前にちらっと見たCTP(同じくCD付き絵本)のHPでは
「下手だといってもお母さんの読み聞かせが子供は大好きです」なんて
書いてあったので、寝る前に読んで聞かせてもいいかなと。

ネットでORTについて調べてみても、2歳3歳で取り組んでいる人の話が多くて
たまに小学生のお話もあるけどお母さんが英語を話せる人で
既に幼児期から語りかけや他の絵本やCDで取り組んできたとか
はたまた全く英語をやってきていない高学年の子が中学準備で始めるとか
なかなか自分ちの状況にマッチするお話が見つけきれなかった。

うちは全くやってこなかったわけじゃないけど、レベルは不明。
年数と実力は比例しないからね(苦笑)

でもまっさらよりは入りやすいかなと思うのでとりあえずやってみよう。
夕方の30分くらいの時間が、今は朝の分のやり直しタイムになってるんだけど
国語の間違いが少なくなってきて時間が少し余るようになってきたので
そこに短い絵本をいくつか読んだりしようかと思っているところ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可