FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
路線変更
2010年12月06日 (月)
方針転換っていうほどでもないと思うので、路線変更ってとこかな。

我が家はこれまで最レベ・トップクラスな問題をやってきた(特に算数)

3年生でも算数はハイクラス・ハイレベ・トップクラス3冊をやっていて
昨年同様に全てをやるつもりで計画をしてきた。

3冊の標準問題をやってから、次にハイクラス・ハイレベルな問題、
そしてトップクラス問題集のトップクラス問題をやってから
最後に3冊の中の復習まとめテスト、という流れ。

ハイクラステストの「ハイクラス問題」は終わり、
ハイレベ問題集の「ハイレベル問題」も残りわずか、
トップクラス問題集の「ハイクラス問題A」を経て
今は「ハイクラス問題B」をやっているところ。

「ハイクラス問題B」をやるようになって時間もかかるようになってきたし
ミスも目立つようになってきた。

間違いは間違いで同じなんだろうけど、いわゆるポカミス。

「何回」かと聞かれているのに「円」で答えていたり
割とややこしい質問にもメゲず考え方は合っているのに、途中の計算ミス、
式で出した答えを、最後の回答欄に書き移し忘れていたり。

ポカと言ってもミスはミス。
いくらうっかりしてたとは言っても、あまりに多すぎる。

これは私にも反省すべきところはあって
英検の過去問をやるのに時間がかかるようになったのもあるし
オンライン英会話レッスンを週に3回入れるようになったのもあるし
時間に追われちゃってるところもあるのかなと。

・・が、恐らくこういうポカミスをする人って
時間が充分あったとしても変わらないと思うんだけどね(汗)

先日、塾で話をする機会があって
来年度からは「基礎をしっかりと」と思い直したところだし
4年生になったらほとんど6時間授業になって、帰りは遅い日ばかり。

それじゃなおさら、基本をしっかりミスなくを重視していかなきゃな。

ぶっちゃけ、今までは見栄(?)もあったというか、
時間をかければできるというのもあって
最レベル問題・トップレベル問題も残さずにやってきた。

1冊買ったからには全部やらなきゃもったいないって気も(貧乏性)

だけどちょっとここらで私の気持ちを切り替えないといけない時がきたかもしれない。

やればできるもん、じゃダメなんだ。
時間内にできることを正確にきちんとできる、これを重要視しないと。

四谷大塚の無料テストだって、最後の方の「なんじゃこりゃ~」っていう難解な問題は
時間が余っていればできるにこしたことはないけれど、でもできなくても無問題。
それよりも前半の基本的な部分をきちんとミスなく落とさずにできること、
これだけで平均点は取れるわけだから、難しいものを切り捨てる時期がきたのかなって。

ムスメは与えられたものを黙々とこなすだけだから
私自身が頭と気持ちを切り替えないといけないな。

そう思って、算数のトップクラス問題はもう手を付けないことにした。
単元の数の分だけだから19枚だけ(?)なんだけど
この19日分を他に使った方がいいんだろうなと。

3冊分のテスト(チェックテスト・リビューテスト)が22日分くらいあるので
それを1枚ずつじっくりきちんとやれるように。

一応このテストシリーズは3年生の最後のまとめと思っているので
ハイクラス問題が済んだら、「はなまるリトル」をやって
そして最後にテストシリーズをやって総復習・総確認にしたいところ。

国語はトップクラス問題集の標準もハイクラス問題も大丈夫そうなので
気にせず1冊を通しでやっていく予定。
やっぱり算数は上のレベルはどこまででも難解なものはあるから
どこまでやるかっていうのは決めていかないとな。

嫌がる子ならこれまた話は簡単だけど、ムスメは「難しい~」と言いながらも
ちょっとはヒントをもらいながらでも解けたら嬉しいのを知っているので
時間があれば多分やりたがると思う。
だけど時間との兼ね合いを考える時期なんだよなぁ。

それから、間違えた問題のやり直しも来年度はきちんとやりたい。

今は間違えたところはその時に直して終わり、なんだけど
間違えた問題だけをピックアップしておいてまた後でやるようにしたい。
塾の先生も予習シリーズをくり返しやる方がいいって言ってたし
それも含めて、家庭学習のやり方も路線変更しないといけないな。

英検の過去問・予想問題は何巡もやるくせに(笑)、国語や算数は慣れないなぁ。

ノートにやるか、コピーでやるか、どうやって間違い直しの問題をやるか、
また2月スタートに向けてボチボチ考えておこう。

今は1月22日の英検のことで英語中心になりがちなんだけど
その間に算数のポカミスが定着しちゃいけないので、こちらも要注意だな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可