FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
わからん帳
2009年10月04日 (日)
どんぐり倶楽部のやり方の中に「わからん帳」というのがある。

どんぐり問題をやって、わからなかったもの・間違ったものを入れておくもの。
教えてもらったり1回でできなかったものも入れておくんだったけかな。
うちも始めるにあたって、ノートを用意してみた。(形から入るタイプ)

どんぐり問題用のノート1冊が済んだら、間違えたやつを抜き出して
この「わからん帳」へ貼っていこうかなと。
簡単な問題からやってくけど、そのうち考えても考えてもわかんない問題が
出てきた時は、様子を見てこの「わからん帳」へ移してもいい。
とりあえずわかんないやつはある程度考えたらパスして次問にいけばいいかな。

どんぐり問題だけじゃなく、他の教科でも作れるってのを知った。

そう、今まで算数の市販問題集をやってきていて
間違いが多いとか、この単元はまだやっといた方がいいなっていうのは
再度コピーしてまた日をおいてやらせてたんだけど
あまりに×ばっかりならいざ知らず、1枚のうちのある部分だけやりたい時は
他の簡単すぎる問題までやるのも何だかもったいない気がしてて。
無駄なことはないからいいか、と思ってやっていたんだけどね。

そう思うと、プリントで間違えた問題だけを切り抜いて「わからん帳」に
貼っておけば、後でまとめて「間違えた問題だけ」をやることができる。
私に聞いて答えが出たもの、正解だけどちょっと怪しいぞ?という問題も
入れておけばまた後でやってみて確認することができる。

なんだ~、なんか良いぞ、わからん帳。

学校のテストも切り貼りしておけばいいそうな。
漢字テストなんかはマメに持って帰ってくるので、それはその都度貼れるし
学期ごとに持ち帰ってくるテスト綴りからも抜き出せばいいし。

あと英語教室でのミニテストも貼れるな。
普段ミニテストで間違えたところは書き直し提出が宿題になるんだけど
その時はわかったつもりでも、後になったら忘れてまた間違えたりする。
どこを間違えたか、後になったら本人も忘れてたりするので
取っておいて後でまた確認できるというのはやっぱりいい。

ということで、どんぐり問題用のA4ノートと、国語・算数・英語のノートを買ってきた。
どんどん貯めてって、実際に使うのは高学年になってからということだけど
親の私がまずどの辺が間違えてるのかを把握するノートというのでやってみよう。

今までプリントやっても間違いや、私の解説で理解したものとか
そのまま終わりにしてきて何か気持ち悪かったのでこれでスッキリできそう。
とりあえず、やってみることにする。

今年度は教材など取捨選択・試行錯誤の年と思ってやっているけど
タイムスケジュールも含めてまさに只今試行錯誤中。
あれこれ手を出して中途半端もいけないだろうけど、
いろいろやってみて合う合わないを見てみたり、考え直してみたりできるから
とりあえず無理ない程度に取り入れてみよう。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可