FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
国語・算数の今日この頃
2010年11月17日 (水)
国語と算数、2年生の頃に比べるとペースもつかめてきて、
1日の量も適度に安定、毎日コツコツ型に定着してきたなと思う今日この頃。

国語は最近よく書いてる通り「はなまるリトル」見開きの2ページ。
基本問題・練習問題・語句問題(漢字や仮名、言葉関係のもの)と
3日に1回は読解じゃないので、適度な気分転換になってるみたい。

これはあと5日くらいで終わる予定。
最後のほうの長い文章問題がどんな感じで取り組めるのか楽しみ。

巻末に語句・漢字(読み&書き)問題が付録みたいに付いてるんだけど
「本当の国語力」のおかげで文章問題に手ごたえを感じているところなので
このまま引き続き文章系の問題をやることにして、
巻末付録は冬休みや春休みの総まとめでやる予定。習ってない漢字もあるし。

**************

算数は三冊の市販ドリルの標準問題を終わらせて、今はハイレベル問題を継続中。
コピーだから順不同ではあるけど、答え合わせの時に別冊の解答を出すのが
面倒なので、とりあえずハイクラステスト→トップクラス→ハイレベの順。
(ハイレベは解答が別冊じゃないのと、大きくて片面1日分なので何となく最後)

ハイクラステストの分は済んで、今はトップクラスのハイクラス問題。

トップクラスにはハイクラス問題のAとBがあるので、量が一番多いかな。
まだAなので、難易度の差はよくわからないけどそんなに難しくないみたい。
1日あたり見開き2ページ分をやっていて、15分くらいで済んでるので
英語に時間のかかる今日この頃にはちょうど良い。

3年生の範囲はかけ算、わり算、大きな数(結局計算が多い)から
しょっちゅう計算問題ばっかりやってる気がする(笑)
かけ算・わり算ともに普通の計算→筆算となってるから余計に多い。

ジュニア予習シリーズの副教材「計算と一行問題」という、計算が主のドリルは
下巻は買わなかったけど、ちょうどよかったかも。

しかし小数と分数って3年生の範囲だっけ。移行期間だからよくわからないなぁ。

ジュニア予習シリーズではどちらも軽く入っていて
ハイクラステストには掲載ナシ、ハイレベ&トップクラスには少々載ってる程度。
後にやる予定の「はなまるリトル」にも載ってるかな。

トップクラスでは「小数と分数」とひとまとめにされているので少なめ。
せっかく余力がある感じなので、計算練習はしておいてもいいかなと思って

 

評判のよさげなこの2冊を注文。

3年生の算数はかけ算・わり算・形・水のかさ、くらいが主だけど
かけ算もわり算も筆算まである程度できるようになってしまえば
後はケタが増えていくくらいだし、形も水のかさも2年生の市販ドリルで
やってたおかげか、ラクに進められてるので余計に余力を感じるのかも。

4年生の予習シリーズがカリキュラム的には2月からの予定だけど
市販ドリルが2月で終わりそうなので、3月~に始めようかと。

本当は昨年同様、春休みまではその学年のものをしっかりやって
今年だったらトップクラスの二巡目をやるとか、それもアリかと思うけど
でも後々のことを考えると、少し先に進めておく方がいいのかも・・と。

ちょっと先の話だけど、予習シリーズの算数は5年生が厳しいらしいので
前倒しで4年生のうちに5年分をできるところまでやっておくといいとか。
これぞ自宅学習のメリット、らしい。

確かに今は理科も社会もないので、後のことを考えると妙に納得。

まだまだ早い気がしつつ、でも予習シリーズ的には2月スタートだし
4年生ではまだピッタリにスタートはしないつもりでも
5年生からは2月スタートにしようと思うと、4年時から気を付けないといけないし。

そう考えると、少し見通しは立てておかないといけないなって。

ちなみに国語は来年度も予習シリーズは使わないつもり(苦笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可