FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ウェブレッスン体験終了
2010年11月13日 (土)
いつの間にか呼び方がウェブレッスンに変わってる(笑)


昨日でムスメの体験も全て終了。7スクール・12回。
10日間くらいの中でやらなかった日もあるので1日2レッスンという日も。

最初はモゾモゾモジモジ・・・だけで過ぎていったり
途中は半べそになりかけることもあったり、わからなくて固まったり。

でもそう言えば最初から私のヘルプなしで1人で受けるって言ってたな。
パソコンだから1人でやると思っていたのか?
それに今まで見てて、日本語を発してないような気がする。
「えーと」や「あの~」さえも。ウンウン唸ってはいたけど(笑)

困ったときも「ママ~!」とならないし、振り返って私を見ることもしない。

今まで全く手伝ってないわけじゃなくて、
明らかにド忘れしてるなっていう時は隣で単語をコソッと言ったり
この単語だけわかれば聞かれてることわかるのになっていう時には
これまたコソッと意味を言ったりしたけど、そんな時でも一切こっちを見ない。
カメラから目を反らしちゃいけないと思ってるのか(爆)
(別にカメラ目線もしてないけど)

それでも数をこなしてきたからか、最後は段々と堂々としてきた。
子供の柔軟性とか順応性ってすごいもんだな。
英語が好きだからっていうのもあるのかもしれない。

ちょっと私の考えで振り回してしまった部分もあるんだけど
何とか無事にムスメに合いそうな先生を見つけることができたのでよかった。

カリキュラムに関しては、最初はものすごく考えていたんだけど
なかなか決まらなかったり、ムスメが楽しめてなかったりするのを見て
ぶっちゃけ、もう何でもよくなった。

何でもってのは言い過ぎだけど(苦笑)
ムスメが楽しく英語でやり取りできることがまず最初なのかなと
ようやく私が思えるようになって。

ムスメが持っているもの(知識)を使えるように引き出してもらえるように・・
なんてアレコレ考えてみたけど、よく考えたら、機会さえあれば
ムスメが自分から出していくようになるんじゃないかって思うようになって。

もちろんムスメがつまらなかったり、やりにくい状況は良くないので
楽しくやれそうな機会(=先生)を見つけることが大事なんだって。
体験中に私もちょっと成長できたかもしれない。

実は早く決めたいというムスメの意向もあって(私もだけど)
ここ最近の平日の夜はちょっとタイトなスケジュールになってしまった。

家の勉強へのしわ寄せは、後で調整できる範疇であるからいいんだけど
それでも今回は「特別」ということで、これからは細く長く続けていくためにも
普段の生活に無理のないようにレッスンを入れていかなくちゃな。
この辺が家で気軽にできる点だけに、気をつけなきゃいけないことかな。

ムスメは最初、「毎日でもいい~」と言ってたけど(笑)

確かに、私も毎日でもやりたいと思うもん。
10日間くらい毎日やってきて楽しかったから、気持ちわかるなぁ(同類)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可