FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
初めての無料体験(ムスメ)
2010年11月03日 (水)
ムスメが帰宅後、ヘッドセットを見せたり私の体験話をすると
自分もやってみたい!ということで、早速夕方と夜の2回を予約。
パソコンを触りたがってたり(家では触らせてない)
ヘッドセットなんてワクワクする代物だもんなぁ。

イングリッシュ・ベルは先生が結構たくさんいるので
時間帯で先生を絞って、後はムスメが写真と音声を聞いて選んだ。
イッチョマエに「この先生は聞きやすい」とか言って(笑)
でも私もそうやって選んだんで、音声が聞けるのはありがたい。

予約の時に先生にコメントが入れられるんだけど英語のみOKなので
イングリッシュ・ベルには子供のことで心配だと問い合わせた時に
「言ってもらえれば事前に先生によく伝えておくことができる」と
返事をもらっていたので、早速サポートデスクへも連絡。

その後に一応自分でもコメントを英語で入力。
初めてで緊張していること、彼女は英語を話したがっているがシャイなこと、
DME Teensに興味があること、など。(英文が合ってるかは不明)

レッスンまでの時間、私だけがまた脇におかしな汗をかくほど緊張しちゃって
自分の2回目の体験レッスンが尾を引いていたのか、またまたドキドキ。
ムスメはいつも通り宿題を片付けてた。

時間になるとソワソワして(私が・笑)
ムスメもパソコンの前に座りたがるので(単にいじりたいだけ)
10分くらい前に座って、椅子の高さを合わせたり音量調節を教えたりした。

時間になって先生からコール。

子供のでもドキドキするんだから、自分だけで先にやっててよかった。
本当は自分が初回に受けた先生がとっても優しくて楽しかったので
ムスメにも・・と思ったけど、残念ながら昼間の先生らしくて夕方はいなかった。

自分も同じように体験を受けておくっていうのはいいなぁ。
先に受けてどんな先生か試してみて、ムスメに伝えることもできるし。
あ、私も入会を検討しているので体験するのは悪いことじゃないよね(苦笑)

ムスメの初回の先生もすごーく優しい先生だった。
ムスメのチョコンと座っている姿を見て、映った時の第一声が「かわいー♪」で
その後も「cute!cute!」の大連発。子供の生徒は珍しいのだろうか?
いやいや先生の方がよっぽどかわいいですよ(ホント)

私は最初に後ろから手を振って、近くにはいますよ~とアピールだけして
後はキッチンへ移動して画面を見つつ聞き耳を立ててた。
ムスメは1人でやりたいということだったので(笑)

ヘッドセットから音が漏れるし、画面も見れるのでだいたい内容もわかった。
ムスメはわからないと「I don’t know」と言い、後は「maybe」で通した。

maybeは先生も大ウケだった。
誰だよ、文章も話せないのにこんな言葉教えたのは~って感じなんだろか(笑)

何とかキャッチボールをしようと先生も頑張ってくれて
ムスメも何とか言葉にしようとはしつつ(そんなに出ないけど)
それを先生がちゃんと文章にして言わせてくれてた。

やたらとコンプリートセンテンスと言う。
DMEの説明にも載ってたと思うし、、きちんとした文章で話そうという考えの
スクールなんだろうなと思った。そういうメソッドもやってるわけだし。

最後に呼ばれて、もし心配事や質問があればサポートデスクや我々先生に
言ってくださいというようなことを素敵な笑顔で言ってくれて終了。

その後、その先生は次のレッスンが空き時間だったようで
チャットでまた声をかけてくれたので、またしばしチャットで会話。
(もちろん通じてるだろうけど合ってる英文なのかは不明)

「私は午後に2回目の体験レッスンでDME Teensを受けたけれど
 私には速すぎて非常に疲れた。なので娘にできるのか心配だ」と書くと
「生徒のレベルに合わせるので、ビギナーにはその人ができるように
 なるまではゆっくりと話します」と返ってきた。

「私も次の機会には先生のレッスン受けたいです」と媚を売っておいた(コラ)
いや~、でもかわいいしキュートな先生だった。

2回目の体験レッスンはDME Teensの体験。

こちらの先生もまぁ優しそう。
最初はしばしフリートークをしてお近づきになろうとしてくれていた。

ムスメは「何が好き?」とでも聞かれたようで
「I like George」と答え、先生が「?」という顔をしたらしく
「Do you know George?」と聞き直していた(笑)
そんなにジョージが好きなのか~、次は「Curious George」と言ってみよう。

そしてDME Teensのレッスン開始。

スクールのHPにレッスン風景の動画が載っていて
それをあらかじめムスメにも見せておいたので、まぁ大丈夫だった。
私が受けたことも大体話をしておいたし。

後ろから見ていると、やってることはレッスン風景、私のレッスンとも同じ。
つまりはほとんど同じプロセスでどの先生もやるってことだな。
だけど先生によって言い直しが厳しかったり、発音に厳しかったり
逆に軽くスルーさせたり、いろいろ個性が出るらしい。

この辺はスイミングスクールなんかでも、進級テストでは
見るコーチによって厳しかったり、通っちゃったりするからな。

私のレッスンは先生の喋りも結構速くて(ナチュラルスピードではないだろうけど)
聞き取るのにも神経すり減らしたし、本当に泣きが入るほど(若干大げさ)
少しつっかかったり、スムーズに言えなかっただけで何度も言わされたのに
ムスメの時は先生がまずゆっくり。(子供だから当たり前か)
それにつっかかりながら言っちゃって、このままOKするのか?と思って聞いてたら
めちゃめちゃ気を使って「もう1回だけ言えるかな?」なんて超やさしくてさ~。
Very good!なんて100万回は言ったぞ。
レッスン風景の動画もそうやって何度も褒められながらやってたなぁ。


私の時と全然違うじゃん!


・・・当たり前か。
だけどな~、私は結構凹んだんだぞー(涙)
good くらいは言われたけど、あんなにグー!とやってもらえなかったし(涙)


私もあーゆーのがいい~~


・・・子供か(汗)

まぁね、私は大人なんで仕方ないか。
子供もあんな素っ気なかったらどうしようかと思ってたけど
全くそんなことなく、褒めちぎってモチベーションを保とうとしてくれていた様子。
子供相手ってやっぱりその辺は気を付けるのかな。

そして私は呼ばれず終了。
切るところがわからないので出てって消すボタンを教えたんだけど
あらあら、1分遅れてかけてきて2分早めに終了ですか(セコ)

ムスメにDME Teensの感想と、これをやるってなったらできそうか聞いたら
「楽しかったからできる」との返事。


そりゃそうでしょうよ、あんだけ褒められたらさ



・・・大人げない(汗)

まぁ、あの感じのレッスンなら充実した感じで楽しくできそう。
私が「ママは何度も言い直しさせられてさ~、凹んだよ」と言うと
「それは自分が言えてないからだよ」と厳しいお言葉。
(ちょっと自分ができて調子に乗ってる)

「でも先生も厳しくてさぁ~」と言うと
「そういうのが自分のためになるんだよ」と返ってきた。
いつも私が似たようなこと言ってるからなぁ(爆笑)

というわけで、気になってたスクールでそれぞれ2回ずつの体験が終了。
はぁ~、スカイプってすごいなぁ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可