FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
算数ドリル標準問題終了
2010年10月31日 (日)
算数ドリル3冊分の標準問題が終了。

ハイクラステスト算数 (小学3年) 算数ハイレベ100 小学3年 トップクラス問題集 算数 小学3年

標準問題だからってのもあるんだけど、小数も分数も三角形や箱の形も
ジュニア予習シリーズでやった以来で日にちがあきつつもほぼできた。
小数・分数は学校でもまだやっていないけど、簡単な計算も大丈夫そう。

表とグラフなんかも確か夏休み前くらい(?)に
「成長する思考力」で大変な目に遭ってたのに今回はスムーズ。

最後の方は特殊算のオンパレード。

トップクラスの倍数算、ハイレベの場合の数と規則性。
(トップクラスのつるかめ算は前に済んでた。順番めちゃくちゃなんで)

倍数算は図を描けば大丈夫。
標準問題は単に線分図を描けばわかるような問題なので
前よりムスメも素直に描くようになっていてラクになった。

もちろん本人だけではわからないので一緒に問題を見ながらやってみた。
でも調子に乗ってくると「何も言わないで!」と手で制されて
ムスメが意気揚々とやってるのを隣でボケーッと見物見学することになる(苦笑)
だけどわかりそうな時のワクワク感は私もわかるのでおとなしく待ってる(笑)

場合の数は確か2年生でも同じハイレベで出たんだよな~。
2年生版の特殊算は場合の数と数列だったっけ。

昨年は大して説明もせず「こーゆーもんだ」で軽くやったんだけど
今年は何だか私も頭が冴えて(違う?)説明もしやすそうだったので
最初にちょっと教えて、問題をやってみたらムスメはすっかりハマってた。

もちろん標準問題なんで。
でも

「家から公園まで2通りの行き方、公園から学校まで3通りの行き方があると
 家から学校までは全部で何通りあるでしょうか」

なんて問題がすんなり計算で出せておもしろいらしい。
数字カードで4ケタの数を作ったりすることもすっかり楽しんじゃって。
こういうのってムスメの知識が伸びてるというより、
精神面の成長が大きいんだろうなぁ。

ハイレベ問題集は両面コピーすると、裏にはハイレベ問題になっちゃうので
(標準問題が2回あるものはいいんだけど特殊算は1つだけなので)
一気にハイレベ問題まで済ませた。
ちょっと手ごたえはあったので標準問題のようにはいかなかったけど
一緒にやってても「あっ!」と自分でさっさと鉛筆持って書き足し始めたり
「ちょっと待ってて、言わないで」と制されたりしたので
ムスメはこういうのも結構好きなのかもしれない。

というより、国語もやってて思うんだけど、ムスメは算数系みたい。

もちろん理数系とは言わないで、算数系(笑)
わかりやすいのが好きなのか、感覚の人間だからか。
その代わり(?)どうも理科と社会は苦手かもしれない。

学校の授業はまだそんなにないし宿題もないからよくわからないんだけど
テストを見てる限りでは・・・結構間違えてるんですけど(汗)

どうやら考える方と逆の暗記物は苦手なのかも。
いやいや、まだ暗記科目は初めてだから要領を得てないんだと思いたい。

算数ドリルは明日からハイレベ・ハイクラス問題へ。
50枚ちょっとあるので、週末は2枚やったとして2学期中に終わる予定。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可