FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
たどる力
2010年10月21日 (木)
算数、英語と平行してこちらも毎日コツコツと。

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

言いかえる力・くらべる力に続いて、3つめの「たどる力」に入った。

たどる力っていうのは「だから~」みたいに因果関係を表すものらしいんだけど
この辺はムスメの得意なところかもしれない。

だって文章問題で、聞かれているポイントを飛び越して
勝手にその先にあるものを考えて答えちゃうんだもん(汗)

こういう「その先にあるもの」へ行く力を
どうやら「たどる力」と言うらしい(私の勝手な解釈だけど)

だからムスメは言われなくてもこの辺はやっていたようなので(苦笑)
改めて自分のやってたことがこういうことなんだ、と
ポイントを確認してもらえればなと思う。
そして、問われた時にだけたどっていくんだぞ、とわかってくれれば(汗)

最近は英語の後にコレ。

まったりと座った感じで、下手したら膝の上に乗って(重いんだけど)
絵本読み聞かせのような状態でやってる。
ムスメは最近やたらとくっついてきたがるので、まぁたまにはいいかと。

自立の前触れというか、一歩大きく踏み出す(出してる)時期には
同じくらい大きな振り幅で甘えもやってくるから。
そこで甘えも受け止めてあげないと、外へも飛び出していけないから。

というのは幼稚園時代の先生の受け売りなんだけども。
そんなところなんで、ちょうどいいコミュニケーションの時間になってるかな。

これだと問題を解くというよりも、話して一緒に考えるようなもんだし
言いかえる問題なんかは書かずに口頭で読みながらやってるし。
口頭で読みながら答えるというのも、一生懸命前後の文を頭に入れながら
やってるみたいなので、良いこともある気がする。

「たどる力」がもう少しで終わって、次は総合問題5回分。

実はそれぞれのパートでも最後は「読解問題に活用する」というのがあって
実際に読解問題が出されているんだけど、ちょっと難解なんだ(汗)
レベル分けの星の数を見ても★★★と高学年~のレベルだし。

なので様子を見ながら、できそうなところはやるようにして
かえって混乱しそうだったら軽く流すか、パスしてる。
だってせっかくわかりそうな・・・ところを難しくしちゃっても嫌だし。

もうちょっと「おっ?なるほど」と軽めの手応えを感じる実践問題が
あると嬉しいんだけどなぁ。

日々のページでも「なるほど」と思うんだけど
もうひと息、もうひと押し欲しいっていうか。
まとめ問題が星2つ★★くらいの軽いレベルもあったらなぁ。
なんか、わかりそうでわかってるのかわからない・・という微妙な感じなので。

でもこれのおかげで、ムスメは「具体と抽象」がわかった。
文章は長そうに見えても、実は最初と最後が大事なんだってこととか
難しそうに見えても、単に言い換えていているだけで
前半と後半は同じことを言ってるだけだ、とかわかってきたんじゃないかな。

これは英語の長文に入った時に
「長そうに見えても1つ1つの文は基本と同じ。それが続いているだけ」と
わかって、長文に抵抗がなくなったのと似て・・・るかな、どうかな(笑)

ゆっくりめなので駆け足で進んでしまいたいところだけど
ここはじっくり付き合おう。膝の上の乗せて(笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可