FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ジュニア予習シリーズ(算数・下)終了
2010年10月03日 (日)
夏休み後半に「成長する思考力・8級(3年生相当)」が終わってから
毎日進めてきた算数のジュニア予習シリーズ・下が今日で無事終了。

最後は総合回ということで、練習問題・応用問題・チャレンジの3部構成。
単元ごとの練習問題もいいんだけど、少し広い範囲での演習というのも
どれを使うのか考えながらやっていけるので復習にいい。

予習シリーズだと3~5単元に1回の割合でこの総合回が入るので
ちょっとずつごとの「まとめて演習」ができる。
問題数が多いわけではないので、各単元からちょっとずつしか出てないけど
少しの範囲ずつをやるスモールステップ確認って感じかな。

練習問題・応用問題は割りとスムーズにできる。
時どきはポカミスもやらかすんだけど(汗)
チャレンジ問題は結構手応えがあるので一人でできないものもあるけど
一緒にやれば解ける(理解できる)ので今の時点ではこれでいいかなと。

今回は珍しく私は呼ばれずに一人で全部やったなと思ったら、全滅(汗)
問題の主旨がわかってないようで、全部×。
ここをちゃんと自力で解読(?)するところからが練習なんだけどねぇ。

こういうことだよ、と説明すると解き始めて、後は自力でできた。
でもなぁ、やっぱり主旨を取るところから自分でやれないと。

サイコロの問題は、これまた図を書かずに考えて答えていたようで
メモ用紙を渡して書きながら考えてみたらできた。

コラ!ちゃんと図を書け!

本当にサボりだ・・・(涙)

自分でわかろう、わかりたいという気持ちがあれば書きたくなるもんなんだけどな。
違うのかな、私だけかな(苦笑)

これで3年生の範囲はひと通りやったことになるのかな。
何だかあっけないぞ。
それだけ演習が少ないということだと思うので、後はくり返し定着に励もう。

1つのことを10回分1度にやるのと、
最初に3回、少し間を空けて4回、それからさらに間を空けて3回
というやり方だと、どちらがいいんだろう。

最レベやトップクラスの効果的な使い方として
標準問題をひと通りやって、次にハイレベル問題、最後にトップレベル・・・と
レベルごとに最初から最後までやって次のレベルに進むというのをよく聞く。

これってレベルアップという意味もあるけど、単元ごとに考えても
三巡することになるってことかな。忘れた頃にまた出てくる・・・みたいな。

明日からは3冊のドリル(ハイクラス・ハイレベ・トップクラス)の
標準問題を2ページずつやっていく予定。
それが済んだらハイレベル問題、ハイレベルをやり終えたらトップレベル問題。

順番はコピーなのでさほど気にせずやっていくつもりなので
多分毎日あっちゃこっちゃの単元が出てくることになると思う(笑)

短期記憶と長期記憶だっけ、記憶にも二種類あって
読んで字のまま「短期」のものと「長期」のもの。
当然短期記憶はすぐに忘れてしまうもので、ずっと残るのは長期記憶。

短期記憶を忘れないようにするには長期記憶にシフトさせればよいらしく
それには「何度もくり返す」のが大事になってくるんだとか。
間を空けての反復練習というのもこういう「くり返し」になるんだろうな。

どうせなら記憶する時から長期記憶で取り込めればいいと思うんだけど
そのポイントは「理解しながら覚える」ということらしい。

そうだそうだ、やっぱりそうだ。
丸暗記したものはその時はいいけど後ですっぱり忘れてしまう。

中学時代に定期テストは一夜漬けで良い点数を取ることができても
夏休み明けの実力テストだとビックリするほど悪い点数ってことはよくある。
これぞ本当の「実力テスト」だと思ったもんだ(汗)

ムスメの英語の勉強もそうで、丸暗記だと次に続かないとわかっているから
文章を丸ごと、できるだけ使いながら身に入れていくことをやっている。
そしてくり返して聞く・読む・使うことで定着させようとしている。

そうか、定着=長期記憶ってことなんだな。

そう考えると、1つの単元を集中的に1週間やってハイおしまい、では
もったいないってことなんだろうなぁ。
ひと通りわかったら、また小出しで演習をくり返し。
忘れた頃に出すっていうのがいいのかもしれないな。
本当にすっぽり忘れてたらガックシだけど(汗)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメありがとうございました♪
>blueさん
リンクをたどってお邪魔します♪
ご家庭でママ先生がしっかりとした方向性を持ってお子さんの学習をサポートされているんですね!!

最レベ・・・算数だけでしたが我が家でも取り組んでいました。
しかも、コピーを取って3回繰り返しで(笑)
英検も拡大コピーをして、実際に試験と同じサイズにして・・・とか。
とっても懐かしいです。
(中学受験では四谷の予習シリーズでしたし♪)

なんだか、ミラーサイトを見ているようで、blueさんとは、なんだか『始めまして♪』のような気がしません(*^^*)

私も中学受験はママ塾で・・・と、家庭で完全にサポートできる自信と心構えを持っていたのですが、小4後半あたりから思春期(反抗期)の兆候が現れて(^_^ゞ
母子で一対一だと、精神面でよくない・・・と判断して、小5から進学塾のお世話になりました。
個人差や性差もありますが、思春期・・・本当に厄介です(苦笑)

小3の女のお子さんをお持ちなんですね。
我が家の同じ年齢の頃を思い出しながら、blueさんのBlogを目を細めながら読ませていただいています。

英検5級に引き続き、4級にもチャレンジなさるとの事。
小さいお子さんが英検を受験することに対して、いろんな意見をBlogなどでも拝見しますが、ゴリちゃんが中2となった今振り返ってみると・・・思春期という邪魔者が現れる前に、学校の勉強や受験勉強に時間を取られることなくたっぷりと英語漬けになる時間があるうちに、どんどん先へとチャレンジする事をお勧めします!!!
今やっても、大きくなると忘れてしまう・・・って言われる方もいらっしゃいますが、一度学習した事柄は、脳みそに刻まれたことは、決して失われることはないそうです。
普段使われない知識は脳みそが必要ないと判断して、すぐに記憶として再生されにくい深いところに片付けてしまっているだけだと。
だから、そこにその知識は存在するんですよ。


中学生になると、勉強も難しくなりますし、定期試験や部活・・・とますます忙しくなり時間がなくなりますから。(何より、親の言うことを聞かなくなる!!涙)
時間が確保できる・・・今のうちに。濃厚な時間を、お嬢様とたっぷりお過ごしくださいね♪
2010/10/05(Tue) | URL  | ゴリママ [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/05(Tue) |   |  [ 編集]
ゴリママさんへ
こちらにも来て頂いてありがとうございます♪
私もバタバタしておりましてお返事遅くなって申し訳ありませんm(__)m

私もゴリママさんとは「はじめまして」な気がしません^^
コピーを取ったり、英検の傾向や対策の立て方など・・・
受けるからには万全で望ませてあげたいと思う親ゴコロという名の心意気(笑)が、おこがましいのですがゴリママさんとは似てるかなぁって思いました。

我が家だとこれから受験との絡みも考えないといけないんですけど、先を歩まれているゴリくんの姿は参考になりました。
小3の秋に4級、小4の6月に3級・・・になるかもしれないので、ゴリくんと同じかもしれないです♪(4級目前のくせに3級もちょっと視野に入ってきました。こういうところも似てませんか?^^ゞ)

塾のことも今後の検討課題として時々記事に上りそうです。娘ということでどちらに転ぶか・・・こればかりは成長度合いなのでわからないですもんね。ただ隠密裏にとなると個人的にも自宅学習が環境的にも一番良いので、そう進められるようにしたいなと思ってます。こちらも今後の動向にご期待、ではなく温かく見守って下さいm(__)m

英検を受けることはネット上の英語教育をしている中では珍しくも何ともないことですが、この辺はリアルな世界とのギャップが大きいですよね。中学受験も内緒なので「忙しくなる前に」とも言えないですし(汗)
でも先輩のご意見を伺って心強くなりました。

それに私達(と勝手に同盟にしてますが)のようなやり方って単に合格することだけが目的ではなくて、全て音読して自分の中に取り入れていく次に繋がるやり方だと思うので、それが回りから見たら「トントンと進みすぎ~」に見えるのかもしれないですね。1つ1つだけを単発で対策すると、1つ受けるだけでアップアップで次までに時間がかかるような気がします。反対に流れでやっているとそういうペーストは違ってくるので「焦ってる!?」ように見られたりもするんですよねぇ・・・

ついつい語ってしまいました^^;

ゴリくんももうすぐ2級試験ですね。お互い良い結果が出せますように。
またそちらにもお邪魔しますね(読み逃げかもしれませんが^^;)
こちらも読み逃げは全然問題ナシですので、これからも温かく見守ってくださいね♪
2010/10/06(Wed) | URL  | blue@管理人 [ 編集]
遠い国からコメント下さった方へ
コメントありがとうございます。
我が家の記録のような、私の自分の覚え書きのようなブログを見て頂いてありがとうございます。

ご連絡先がなかったのでこちらでお返事させて頂きますね。

英語学習、英検についてはいろいろな考え方があるので迷いますが、文法ってある程度は大事ですよね。それとまだ学校で習っていない子が英語をやっていこうと思うと、英検という目安はとてもやりやすく感じています。それこそ広範囲からいろいろなパターンで出るので、中学生用のドリルをやったりするよりいいと思いますし、ステップアップの目安もつけやすいなと思うので、我が家なりの関わり方でやっていきたいと思っています♪

国語のジュニア予習シリーズですが、以前日記にも書いたとおり個人的にはトップクラスより難しいと感じました。なので現在中断中です(汗)

何て言うんでしょう・・・もしかしたら難易度で言えばそう変わらない?のかもしれませんが(私にはそうは思えませんが)、見た感じが小難しく感じます。題材の文章がやたらと長いからでしょうか。いや、トップクラスも最後の方は長いですもんね・・・でもそれより長いのかも。そして言ったら何ですが、あんまりおもしろくない(すみません)

問題の出し方も「何文字以内で~」というような記述式が多いような印象です。トップクラスはまだ小刻みに質問してくれてるような気がするのですが、ジュニア予習シリーズはもう少し深く・・・かな。記述式じゃなくてもそれに順ずるような要求なので、我が娘には難しすぎました(汗)

トップクラス系の難しい問題集をこなしてきた後なら切り口の違う感じで手応えがあるかと思います。でもネットで見た話では「ジュニア予習シリーズの国語は5年生相当くらいだ」という評もありましたので難易度はやはり高いみたいですね。

どちらかというとトップクラス・プレステージ・最レベは傾向も横並びな気がします。国語力が・・ということであれば「成長する思考力」は違った切り口で興味深いかと思います。遠い国でも手に入るといいのですが・・・
我が家は「本当の国語力」で基本の基本に立ち戻り、それからはなまるリトル・トップクラスに取り組むつもりです。またブログでも様子をお知らせしますので参考になればうれしいです。

その他、うんうんと頷きながらコメント読ませて頂きました。すごくわかります。
日本の美徳でしょうか・・・努力を隠すというのも変な話ですが、お互い頑張りましょう。

また遊びに来てくださいね。
2010/10/06(Wed) | URL  | blue@管理人 [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可