FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ちょっと先のこと
2010年10月01日 (金)
どうも2学期も中頃になってくると次年度以降のことを考えるようで(笑)
確か去年の2学期にも何か考えてたような・・・
そうだ、去年の秋は英語の今後について公文を検討してたっけ。

中学受験についていろいろ見てると、4年生から塾をスタートさせる話も多い。
4年生、つまり3年生の2月スタートの話。そう思うともうすぐのことだなぁ。
ジュニア予習シリーズだって1月までの予定。
そして2月からは4年生の予習シリーズのスタートになる。

うちは恐らくこのままママ塾で行くと思っていて
教材もこのまま予習シリーズを使っていこうと思ってる。
国語は・・・考え中(汗)

それからちょっと気になってるのが理科と社会。

3年生の間は何もしない予定。
ジュニア予習シリーズにも用意されていないから、というのもあるし
3年生の理科も社会も学校のことだけでいいか・・と思うから。

問題は4年生からどうするか。特に理科と社会。

少し前に個人のブログだったか、ある話を読んだ。
「志望校の入試の配点を知っていますか?」と。

4教科とも全て同じ配点の学校もあれば、国:算:理:社=2:2:1:1、
中には 国:算:理:社=2:2:2:1というパターンの学校もあるらしい。

こういうことを知らずに「とにかく勉強!」ってのは効果的ではないし
同じ配点なら別だけど、傾斜配点(と言うらしい)なら
それに合わせた持って行き方でいかないともったいないとかなんとか。

ちなみにムスメの志望校は2:2:1:1のパターン。
例えば国語と算数が100点満点だとしたら、理科と社会は50点満点てな具合。

こういう場合は、配点の高い国語と算数をまずキッチリやるんだそうな。
どちらにしてもこの2つは基本でもあるし、理科・社会は暗記で対応できても
国語と算数は短期間に積み上げることができないかららしい。なるほど。

まぁムスメの志望校の過去問を見る限り、受験用の特殊な問題には見えない。
(昨年もらった時より若干わかるようになってきたかも)
もちろん今後どう変わるかわからないので準備はしておきたいけれど。

今のところ志望校のレベルでも配点でも、理科と社会はそんなに最初から
ガッツリと飛ばさなくてもいいのかもしれない。
理科・社会は4年生も問題集で勉強に取り組むというほどじゃなく
予習シリーズを読んでおく程度でいこうかと思ったり。

それから予習シリーズを使うなら、週テストなどのテスト系はどうするか。

四谷大塚の通信コースの中に「週テストのみ」というコースがあって
我が家は一都四県以外なので月々6700円くらい。(一都四県在住だとなぜか高い)
自宅で週テストを受けて返送して、成績票もちゃんと出るし
間違ったところはパソコンから「復習ナビ」とやらで見れるらしい。

でも週テストの過去問も実は販売されているので
新鮮な(?)順位や復習ナビで解説が見たいのでなければ過去問でもいいのかも。
ただし国語だけは著作権の関係で過去問は売られていないんだとか。

週テスト、ちょっとひかれる(私が)

予習シリーズは基本毎週1単元(っていうのかな?)になってるから
それをやった後に毎回確認のテストをするっていうものだもんね。
自宅でやれるのもいいし、でもせっかくならテストだけ受けに行ってもいいよなぁ。
てか、テストだけ受けさせてくれるテストコース生みたいなのはあるんだろか。

でも毎週テストだと、予習シリーズの回も必ずその週の間に
こなさないといけないから結構大変なのかも。
うちみたいに夏休み(予習シリーズのカリキュラムも休み)の間に片付けるとか
そんなこと言ってられなくなるもんなぁ。

もう1つ、公開テストってのがあって
予習シリーズの総合回に合わせた「月例テスト」なるものがあるらしい。

これは通信コース生とかそういうのじゃなくて、その都度ビジターとして
申し込んで(お金もその都度)近くの提携塾に受けに行くものらしい。
有料のテストってやつだ。1回(2教科でも4教科でも)4200円だそうな。

土曜日にやってるみたいだし、こういうのでもいいかもしれない。
ちょっとは塾に入り込んで何か情報もらえるかもしれないし・・て甘いか(汗)
顔つなぎにはなるのかなぁ。

とはいえ、実は4年生の予習シリーズをスタートするのは4月からの予定。
3年生の算数ドリルの予定が年度末までいっぱいなんで(苦笑)
そこから毎週やって、夏休み・冬休みも止めずに続けていくと帳尻が合うので。
5年生(4年の終わりの2月)からはスタートも揃えるつもり。

だってハイレベもはなまるリトルも3年生までなんだも~ん。
せっかくだから使いたいじゃな~い(セコ)

なので4年生の間も結局は予習シリーズ+市販ドリルでやってくかな。
公開テストは後半でもし受けられそうだったら受けてみてもいいか、くらいで。
5年生になったらこの月例テスト(総合回とリンクしてるやつ)とやらを
ビジターで受けに行くのでペース作りっていうのでもいいかもしれない。
ムスメの場合志望校のレベルからして6年生でもそういう感じでいいのかも。

聞くに聞けないのでよくわからない(汗)

もし塾に聞いてみても「塾は必要ですよ」なんて勧誘されても困るし
学校に聞いてみるわけにもいかないし。

これもまたどこかのブログで読んだんだけど、
四谷大塚の教材は基礎をじっくり押さえているというものらしく
良質ではあるけれど、昨今の難関校への対策としては物足りない・・そうな。
(それで難関校への合格実績が下がってるとかなんとか)

だけどうち、難関校志望じゃないんで、それならちょうどいいってことで。
ちょうどいいなんておこがましくもおこがましすぎなんだけど(苦笑)

しかし3年生くらいまでは、ちょっと学校以外のことをやってれば
そこそこ学校でもできる方に入れちゃったりするし
内容的にも親も教えられるし、そこまで高度なことやってないんでいいけど
問題は4年生以降徐々にだよなぁ。

コツコツやるにも、何をどれだけどれくらいの難易度でやればいいのか。
そりゃ超最高級の難易度でやってれば間違いないんだろうけど(できるか)
どこまで何をやったらいいんだろうっていう指針がないのが気がかり。
こういうことも含めてハハも努力していかなくちゃな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可