FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
文作り
2010年09月30日 (木)
「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!

3本柱の1つ「言いかえる力」の中で作文(書き)について
書かれている部分がある。(問題集の中には見当たらない)

ある文章を読んで「何が書かれているのか」答えるというもの。

国語力問題集でやっているとおり
具体的な事柄であれば抽象化してまとめる、という言いかえ練習で
ムスメも何とかできるようになってきた。

こういうのは文章題で「何が書かれているか?」という問題で
選択肢だったら言いかえて見ていけばわかるんだけど
「何文字以内でまとめなさい」ってなるとハードルが上がる。
自分で文章を作らないといけない、つまり作文ってことだもんね。

そんなところへ学校でスピーチの宿題が出た。
スピーチって言ったって、朝の会か帰りの会で順番に言う1分スピーチだけど
今までもあったよなぁ・・・ムスメは何をどう話していたんだかは不明(苦笑)

ムスメが「こういう感じはどうかなぁ」と言ってきたので聞いてみると
ありゃりゃ・・・ちょっと1年生並みなスピーチじゃないの?(汗)
なんていうか、同じ言葉の繰り返し・・・みたいな。

せっかくだから言いかえようよー、ということで口頭であれこれやってみた。

テーマがあるそうで、自分の気をつけたいところや頑張りたいところ。

じゃあまず、何に気をつけたいのか?
それから「例えば」で具体例を入れて、最後にもう1度まとめ(抽象)を入れて
サンドイッチ型ではさんでみよう。

 私は×××が苦手なので、★★や☆☆をして、×××ができるようにしたいです。

すごく端的だけど(苦笑)
★★と☆☆の部分は実際に努力する「具体例」を入れた。

ムスメは「サンドイッチだ~」と感動した様子。
自分で声に出して言ってみてもスッキリとした文章になってるし
あれこれ言葉をこねくりまわして考えなくても、コレでいいんだ~と思ったみたい。
忘れないようにメモに書いて学校へ出かけた(笑)

ムスメは見栄えを良くしなくちゃとは思うようで
それでアレコレ言葉を思いつくままに連ねてみたりするんだけど
それを上手く繋ぐことができないのでバラバラな文章になる(汗)

今回も「えーとえーと」と文の頭から形容詞修飾語バンバンで作ろうとするので
「まず最初にナニをどうしたいのか、主語・述語だけで言う」と提案して
特に述語(文末)をきちんと作るように言った。

ムスメの場合、「とても」や「しっかり」「これからも」など
やたらと入れて文章を長くするもんだから、語尾がおかしくなることが多い。

なのでまず「語尾を作れ」

後はそこへ主語を付けて、それから修飾語を足していってみた。
そうすると余計なものも付けすぎないし、足りなければ徐々に足せるのでいい。
日本語の場合、上から順番に作っていくと結局言いたいことがわからなくなる(汗)

そう考えると英語ってラクだよなぁ。(英語ができるわけでもないのに・苦笑)

「言いかえる力」って読解力だけじゃなく、文を書く力も伸びそうかも。
(・・・かも、って本では伸びるって書いてあるんだけど)

「本当の国語力」を読んでみて+問題集をやってみて
ちょっとしたところでも成果が見えそうだし、本人も少しずつでも手応えを
感じることができそうなので、楽しみになってきた。

もうしばらくパス・ドリブル・シュートの基礎練習を頑張ろう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可