FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
2年生の使用教材のまとめ(算数)
2010年03月31日 (水)
読み返してみると、「使用教材」と「我が家の家庭学習」がごっちゃになって
教材のことが埋もれてしまっていたので、1年ごとの教材のまとめを。

<算数>

ハイクラステスト算数 (小学2年) 算数ハイレベ100 小学2年 小学2年算数最レベ問題集

  はなまるリトル2年生 算数

算数は上段の3冊を全てコピーして、学校の進度に合わせて復習としてやった。

3冊を使うことで、いろんな問題に当たることができたと思う。
同じ標準問題でもハイクラスの標準と最レベの標準ではやはり違うし。
それでも理解できてなくて足りないというところは再度コピーをしてやった。

「ハイクラス」は本当に基本にのっとった忠実なイメージ。
突拍子もない難しい問題はないし、素直な問題ばかりだったと思う。
何より安い(これ大事)

一番使いやすかったのは「ハイレベ」かな。
ムスメも大きくて書き込みもしやすかったみたいだし
標準問題2つ・ハイレベ問題1つ+最レベ問題少々というバランスもよく
こちらも内容を考えればコストパフォーマンスが非常によかった。

「最レベ」は上の2冊に比べると淡々とし過ぎちゃってるけど
まぁコピーで混ぜこぜにしていたので飽きずにできたかな。
でもやっぱりハイレベル問題でも、なーんかややこしいんだよねぇ(汗)
最レベル問題も諦めることなく取り組んで、単元によってはできるものもあった。

特殊算も載ってるし、受験を意識してる問題集だなぁと実感。
ただし解答が非常に簡潔で少々焦る箇所もあった。
(噂によると改善されて解説も親切になったとか)

この普段使いの3冊で3000円足らず。
1年でこの値段なんだもん、通信教育なんてできましぇん(苦笑)
コピーも取って何度もやれば何度も美味しい。

実際、コピー分が終了した後には直接書き込みでやった。
2回目ということでスムーズにいったし、定着具合の確認にもなった。
最後の方はかなり詰め込んだけど(汗)3冊を全てやりきったのは大きい。

このコピー方式で我が家の家庭学習の型ができたかもしれない。
ムスメもすっかり「ドリル=コピーするもの」と思ってるし(笑)

しかしコピーしないものもある。下段の3冊はそのまま書き込みにした。
「成長する思考力」は国語同様にすごく良い。
計算問題は他のドリルにお任せします、と言い切るほどの内容なので
コピーでくり返した3冊の算数ドリルとは違う。

絵で見せて概念から知らせていくものだし、それを見つけていくこと、
見つけたことを確認させて、そして応用させて・・の4段階。

これは学校の進度には合わせにくいということもあったし
ムスメは意外と時間がかかったので、夏休み用にした。
かけ算の概念なんかはこれで得たところもあると思う。
復習用というより、導入用・確認用としてじっくり取り組みたいもの。

「はなまるリトル」も同じように確認させたり、発見させたり
ワクワク問題というのがあったり、ちょっと遊びゴコロもあるかな。
こちらも日頃の復習用に使うよりも導入に使うか、
それか年度終わりのまとめとして一気に一冊やってしまうか、かな。

算数はコピーしてくり返すもの・じっくり取り組むもの、の2タイプに分かれた。
夏休みや普段の日と使い分けながらやれたことも良かった。

***************

算数も国語と同じく、基本1日2ページずつやった。

ハイクラステスト・・44日分
ハイレベ問題集・・・50日分
最レベ問題集・・・・79日分
成長する思考力・・・30日×2(10級・9級の2冊分)
はなまるリトル・・・34日分

合計267日分

ハイクラステスト・ハイレベ・最レベは2回やったので延べで言ったら440日分。
最後のほうや長期休みは4ページに増量したりしてたからな(汗)

だけどこれだけやれたんだ、ということがムスメの自信になったのも確かだし
家での勉強がすっかり身に付いた、生活の一部になったのもこれらのおかげ。

算数で6年生まであるのは「ハイクラステスト」と「成長する思考力」のみ。
ちょっと残念だよなぁ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可