FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
日々コツコツ
2010年09月18日 (土)
算数はジュニア予習シリーズを毎日やることにしてからかな、
毎日がコツコツと粛々と過ぎている感じがする。
今日はコレ~、明日はアッチ~、というバタバタ感がないからかな。

別に前もバタバタしてたつもりはないんだけども(苦笑)

とにかく国語・算数・英検過去問と毎日同じことのくり返し。
週末で量も変えることなく、本当に毎日同じものを同じ分量ずつ。
だから最近はウィークリーのマグネット予定表も意味をなしてない(笑)

四谷大塚の副教材「毎日の漢字」と「計算と一行問題集」も
後期からはやらなくなったから余計にマグネット管理も不要になったかも。

要は今日の分をやったか、やらないか、だけがわかればいいので
もし時間がなくてできなかった場合は翌日に持ち越せばいいし
そのくらいならムスメも覚えていられるので。

1日あたりの量も適量なんだろうか。
算数はジュニア予習シリーズの導入&練習、応用でそれぞれ1日ずつ。
練習問題・応用問題も2ページずつで1日にやるにはちょうど良い量かも。
市販のドリルの2ページと同じ感じかな。ものによっては市販ドリルより少ないかも。

そういえば前もよりもムスメに質問されることが減ってるような。
導入部分も自分で読んでやれてるってことかな。
練習問題で「??」と思うと、前のページ(導入)に戻って見てるようだし。
新しい事柄でも自主的にやるっていうのが定着してきたかも。

その算数は、ついに(?)分数に入った。
おぉ~、分数か、何だか高学年が近づいてきたなぁって感じ。

個人的には小数のほうがややこしい気がするんだけど
ムスメを見ていると分数のとっかかりが「???」だったみたい。

「1リットルを7つに分けたうちの1つはどれだけでしょう」

というものも、「ななぶんのいち」なわけだけど
ムスメはきっちりと数値で表さないと気が済まなかったらしく
うーんうーんと唸っていた。

「何個に分けたうちの△個分」ということがわかりづらいのか
最初のうちはちょっと混乱してたみたい。

なのでベタだけど定番なピザの例えを出して、
どれだけ食べただの、あとどれだけ残ってるだの、ちょっと説明をした。
その後の応用問題も自分でできていたので何となくでも大丈夫そうかな。

次の回では「分数の足し算・引き算」も出てきたけど
まだ分母が同じものの計算だし、説明を読んでも大丈夫だったみたい。

こんな感じで、前ほどバトルはないので余計にまったりと進む毎日。

ムスメを見ていると新しいことをどんどん覚えたいんだなぁと思うので
予習シリーズだけ先に進めてしまうやり方はちょうどよかったのかも。
まだ3年生のジュニア版だからできたんだろうけど。

今のところ順調だけれども、どの辺がすんなり頭に入って
どういうのが入りにくいのか、ムスメの場合は読めないから油断できない(汗)

どちらにしても私が答え合わせをしているので気をつけて見てるんだけど
本当は答えあわせって自分でやるものなんだっけ。
うちはまだまだ一緒に答え合わせをやりながら、どういうところが得意で
どういうところが躓きやすいのかなんかも見ていきたいんだけどなぁ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可