FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
2年生の使用教材 成長する思考シリーズ
2009年07月24日 (金)
1学期も終わり、毎日の算数ドリルや「はなまるリトル」などを使うペースもできてきて
さて夏休みどうするか・・と思った時に行き着いて購入したものです。

漢字や計算はできても、どうしても文章題が苦手。
国語の問題はまぁまぁできても、算数でちょっと逆から聞かれると
固まってしまうところがあるので思考力を養うというのにとても惹かれました。

■成長する思考シリーズ(学林舎)■

 

      国語           算数

↑こちらからそれぞれの見本ページも見れます。

塾のテキストとして採用されている物のようですが個人でも買えます。

学年別ではなく、10級・9級・8級・・・と進んでいくもので
一応の対象学年として10級=1年生、9級=2年生と目安はあるようですが
高学年でもよほどのことじゃなければ「10級からスタート推奨」だそうです。
ムスメも2年生ですが10級から始めました。

普通のドリルとは違い、国語も算数も読んで考える内容になっています。
でも決して難しい感じではなく、四コマの絵があったり
1ページに問題がぎっしりではないので取っ掛かりやすい雰囲気です。
「反復練習は他の教材にお任せする」というスタンスのとおり
少ない問題をじっくり読んで考える(算数も)ので評判通り良い教材だと思います。

まだ10級しかやってませんが、1回分(4ページ)で10~15分でした。

ムスメは「次の回もやるー」とどんどん進めようとします。
終わったら背表紙の指定された場所にシールを貼って(ランダムになってる)
絵を完成させるのがシール大好きムスメのツボに入ったようです。

学年に関係なく進められ、6年生目安(5級)の上には
私立中学入試から公立高校入試水準に対応という1~4級まであるので
細く長く続けていけたらと思うシリーズです。

■成長するドリル いきることば(学林舎)■



↑こちらから見本ページも見れます。

成長するシリーズのドリルです。
「いきることば」は漢字ドリルで、1~5まであります。

まずは「1年生で習った80字分」の「1」だけ購入してみました。
中身を見るとこちらも普通のドリルとはちょっと違ってます。

1つの漢字につき2ページ分あり、書き順は軽く書いてあるだけ。反復練習も少なめです。
その代わりその字の仲間(同じ部首とか、同じ分類の他の漢字とか)が出てきます。
もちろん習ってない字も出てくるのですが全て薄く書いてあるのでなぞるだけ。
途中で覚えたかどうかのリビューテストなんかもありません。
写し書きでいいから漢字をイメージとして頭に入れていくということのようです。

ムスメは漢字をイメージで覚えているようなところがあり
反復練習をさほどしなくても定着しています。(今のところ)
イメージで覚えている子は学年が上がって習う漢字が増えていっても
部首ごとや自分の中の分け方で覚えていくらしいので
ムスメには普通の漢字ドリルより、分類わけして仲間ごとに提示してくれる
「いきることば」のような物が合うかもしれないと思っています。

まだやってないのでわかりませんが、2年生の冬休みにこの「1」を
2年生が終わった春休みに「2年生で習った分」の「2」をやろうかと思っているところです。

■成長するドリル いきる計算(学林舎)■



↑こちらから見本ページも見れます。

成長するシリーズのドリルです。

「いきる計算」はそのまんま計算ドリルで、1~3まであります。
こちらも「1」は1年生~、「3」は3年生~のような目安です。
ムスメには「2」を購入してみました。

・・・でも計算ばかりなんですよね(当たり前)
塾の副教材としてならもちろん良いのでしょうが
うちのようにハイクラス、ハイレベ・・と何冊もドリルを持っている家には不要かも。
なので3学期に復習用として使って終わりにしようと思っています。
スポンサーサイト



テーマ:小学生ママの日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可