FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
初・4級の予想問題
2010年08月19日 (木)
さて、中2ドリルが済んだので、早速4級の予想問題へ入る。

英検4級教本 改訂版 7日間完成 英検4級予想問題ドリル (旺文社英検書)

教本には巻末に1回分、予想問題ドリルには7回分のテストが入っている。
5級の時は全8回分の中で、教本の問題が飛びぬけて一番難しいと思ったけど
4級のはどうかな~と思いつつ、まずは5級の時と同様に教本の予想問題から。

とりあえず今の状態を見たいので、私は横に付かず一人でやってもらった。
どんな感じでできるのか、知らない単語があってもどれくらい考えられるのか
どれくらい感覚でわかることがあるのか、などなど確認したいので。

結論から言うと、5級と同じパターンの25問のうち正解は13問。
半分ってとこか~、なるほど。
(4級からお目見えの長文モノは別として考えることに)

(1)の語句の穴埋め問題が15問中6問、
(2)の会話文が5問中3問、(3)の並び替えが5問中4問。

やっぱり5級と同じく、(1)の語句がネックなんだな~。
まぁ知らないんだからしょうがない。

明らかに「これ間違えてちゃヤバイでしょ」という問題は大丈夫そうだし
文法の決まりの基本はちゃんとわかってるなという印象。
初めて見る言葉や表現が多くてわからない、というのが大半だったみたい。

「何日間行くの?」「6日間よ」の期間の時は「 for 」だと知らないとか
「家にいる= be (   )」を意味だけ考えて stay を選んだとか
problem は知ってるけど with を使うのを知らなかったとか
後は cheer 、engenner など単語がわからなかったとか。

それでも on the left や比較級、否定文での any などはわかってたので
今回も単語と言い回しをを増やしていけば何とかなりそうかな。

丸覚えっていうのは好きじゃないし、ムスメ自身も苦手だと思うので
他の問題やORTでも出てくることを願いつつ、反復練習あるのみ。
(2)の会話文、(3)の並べ替えも繰り返していけば大丈夫みたい。

今回も出てくる英文を全て読みながらの答え合わせ。
4択だし、全部の単語を知らなくても何となくわかる単語から推測して
答えを選ぶこともできるだろうけど
できれば意味がわかった上で答えを選ぶというようにもっていきたい。

読んでいて単語がわからないだけだな、勘違いだな、というのもわかるし
自力で考えた後の答え合わせは「あ~!そういうことなんだ~(悔)」と
思って印象にも残るようだから、時間はかかるけど頑張っていこう。

それから後半の長文問題。
これは初めて見るパターンなので一緒にやってみた。

(1)看板やポスターなどの広告物
(2)手紙やメール
(3)物語文

ムスメは長文に少々ビビってたけど
「長い文章も1つずつ見てみたらカンタンだったじゃん」
と励まして、音読をしてもらった。

ところどころわからない単語は横から補足。
文章の内容や表現には触れず、単語の意味のみ。
一通り読み終わってから問題をやってみてもらった。

少し迷うようだったけど、だいたいわかった様子。
聞かれている問題の意味はわかってるので
ここでも単語さえわかればだいたい大丈夫そう。

物語文はわからない単語はほとんどなかったので、
最後まで一人で読んでもらってから「意味わかった?」と聞くと
「わかったような、わからないような・・・」という状態。
なんとなーーく薄くならイメージはできた様子。

問題は簡単に分かるものと、やや迷うものに分かれた。
正解が本文中とは違う表現で選択肢に用意されたりしてるので(苦笑)
これもきちんと読んでいけば大丈夫そうかな。

単語の意味を知れば大丈夫かな、と言ってはいるけど
この後半の長文問題に関しては
「わからない単語があってもわかる範囲で意味を取る」ことが
カギになってくるんじゃないのかなと思う。

そりゃ全部意味がわかるにこしたことはないんだけど
やはり長文ともなってくるとパーフェクトには難しいだろうし
そんな中で知っている言葉や表現などから
「だいたいの意味」を捉えられればいいとムスメにも話した。

例えば
I am going to send them some pictures of us.
という文で、仮に「 send 」の意味がわからなくても
「私は私たちの写真を彼らに ドウニカ するつもり」なんだと
いうことがわかれば、問題で何か問われても考えることはできる。

ま、(1)の案内系で2問、(2)手紙・メールで3問、
結構長い(3)の物語文でも5問と少ないわけなんで
自分がわからなかった部分が問題に出ないこともあるだろうし(笑)

いやいや、そんな「出なかったらラッキー」を目指すんじゃなく
一応は「できるだけ全てをわかるように」を目指していこう。

次回からは予想問題集の7回分の一巡目をスタート。
また頑張っていこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可