FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
夏休みの自由研究って
2009年08月27日 (木)
地域、学校によって様々なようだけど
夏休みの自由研究って理科や社会などの観察や実験、
調べ物やレポートなどを出すもの、だったはず。

だけど……

工作や手芸品の手作りもアリなんですか?

工作や手芸品がイケナイって言ってるのではなくて
それが自由研究に入るのか?という話。
(注:学校の指定に従ってやってる人への文句ではありません。
どちらかと言うと、そういうのを指定に入れる学校の方針に疑問なだけです)

私の時は工作は工作で別でありました。
宿題としてはその時代の典型的なもので

夏休みの友、読書感想文、工作、絵(テーマとかあったかな?)、自由研究

こんな感じだったはず。
漢字ドリルだとか計算ドリルの宿題なんか入ってなかった気がする。
自由研究はもっぱら社会系だったかな(記憶すら曖昧)
低学年のうちは帰省した際におばあちゃんちの裏の草のなんちゃら・・とか
片方の祖父母宅は農家だったので、野菜のなんちゃら・・とか
大きくなってくると旅行で行った先の地方の名産とか歴史とか・・・

なので最近巷で目にする「自由研究に工作」というのに腰がのけ反るほどの驚き。

そんな偉そうなことを言いつつだけど、
ムスメの場合、今のところ自由研究の宿題は出ていない。
3年生か4年生あたりには出てくるらしい。
そういう時も工作とか出してアリなんだろうか?もちろん出さないけど。

とは言え、低学年でも自由に出していいという自由研究。
ムスメは旅先で気になったことを調べて先生に見せたいというので
図書館やネットで調べたり、うちにあった写真などを貼って小振りなレポートを作った。
自由研究って本来こういうものだと思うんだけどなぁ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可