FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
文章の組み立て方
2010年07月09日 (金)
ムスメは会話が成立しにくいタイプのような気がする。

口数が少ないから会話にならないっていうんじゃなくて、おしゃべりはおしゃべり。
だけど「何年生?」と聞かれて「8歳」と答えるような微妙なズレがよくある。
パッと見(?)は間違っていないんだけど、合ってないと言えば合ってない。

聞かれたことに答えず、それをかすめるような違う話を延々とすることもある。
まったくトンチンカンではないのでいずれ聞きたい答えが出てくるのかな・・と
待ってみても、結局その話で完結してしまう。
話が終わった後に「・・・で?」と促してやっと答えが出てくる。
時には「今言ったじゃん」と開き直られることもある。いや言ってませんけど。

つまり聞かれたことに答えてないっていうことがよくある。

大人が相手だと「8歳?じゃあ3年生かな」とまとめてくれるし
会話の中でなら多少のズレがあっても気にせず話が進んでいく(進んでくれる)

そんなくらいよくあることよ~と言われる年頃かもしれないけど
国語の出来具合を見てみると、そうも言ってられない。
言葉の組み立て方もちょっとおかしいなと思ってた。

またもや



の話だけど、絵を見て状況の説明を書きなさいという問題がよく出る。
答えは解答例で、大きく外してなければ間違いではない。
だいたい「髪の長い女の人が赤ちゃんを見て笑っている」とか
「腰の曲がったおじいさんが、つえをつきながらゆっくり歩いている」とか
シンプルな絵なので難しいものではないし、ムスメもいい感じで書けてると思う。

それでムスメの書く文章の特徴ていうのが少しずつわかってきた。

文章の並び方としては解答例にあるものが模範的な順番なんだろうけど
ムスメのはどことなく英語の文法ちっくな並び方になっている気がする。

これは決して「英文法をやっているから日本語に影響している」のではなく
元々のムスメの感覚がそっち寄りだったんじゃないか、という話。
因果関係はまったくない、というより逆で
どちらかというと倒置的なしゃべりかたをする子なので
英文法がすんなり入っていけたのかもしれない。

実は私のしゃべりかた、倒置的なことが多い(苦笑)

自覚は一切なかったんだけど、ムスメに英語を教え始めて気が付いた。
先に結論を言って、あ・・これじゃわかんないわね、と「何が」を付け加える。
「これがどうして、ナニナニが」みたいな形。

そりゃ母親がこういうしゃべりかたなら、子供もそうなっちゃうわね(汗)

英語を教えるのにはよかったかもしれないけど(理由は本当か不明だけどね)
国語ではやや困ったことになってきている。
「何が どうした」という主語述語の関係は問えばわかるんだけど
それを飾る修飾語や副詞など、どれにかかっているのかわからないみたい。

何が どうした っていうのは英語も日本語も一緒だけど、そこから先がね。
「走ってる人はジュンです」ってのも英語だと The man running is Jun.みたいな。
後にくるんだもんねぇ。

あ、でも「赤い花」ならred flower だし、「かわいい女の子」なら pretty girl だし
そのまんまのものもあるか。

これは副詞的なんちゃらとか形容詞的なんちゃら・・とかなるんだろうけど
小難しいので置いといて(コラコラ)
英語をやってるから日本語が混乱しているということではないし
単にムスメの日本語力の問題なんだよなぁ。

英語も日本語力がないと後になって困るって聞く。
(高校レベルな頃だとは思うんだけど)
算数にしても何にしても国語力って基本だしなぁ。



頼みの綱の・・・公文か(笑)



公文の国語も評判いいみたいなんだよねぇ。
いや、やるつもりはないんだけども(すみましぇん)

どうにかして国語を何とかせねば。
日ごろの話し方も気をつけた方がいいんだろか(私も)・・・うーーむ。

まずは「聞かれたことに答える」というシンプルなことにも留意せねば。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可