FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
1年生の問題へ
2010年06月21日 (月)
あまり話題にのぼらないけれど(笑)、どんぐり問題も続けている。

2年生の終わりがけあたりに土曜日と決めて、そのペースが定着。
土曜に丸1日出かけたり、他の用事で時間がなくなった時は日曜に。
土日とも出かけっぱなしというのはない家庭なので、週末に1問やってる状態。

大学ノートに1問1ページずつ、1日にいくつやるかは本人任せ。
最初の頃は半泣きだわ、「ヒントちょうだい~」やらゴネゴネだったけど
いつからかなぁ、鼻歌まじりでやるようになった。
(その時期は調子に乗って1日に2つも3つもやることも)

元々、絵を描くのが好きな子なので解くことより描くのを楽しんでいる様子。
それを私やオット(土曜日で在宅なので)に見せるのが喜びみたい。

答えが出ればOK!、式は答えが出た後にわかるんだったら書いてよし。

答えは出せるんだけど式が・・というのも当然あるので
それは「あえて式を書くとしたら」ということで一緒に考えたりしている。
かけ算を習ってから式も書きやすくなったみたいだし、
わり算も実は最初はこれで使い始めてわかっていった。

かけ算だけを知ってた時に「10=2×5」と書いて答えを出してたから
「こういう時にわり算って使うんだよ」とサワリを少し教えたら
「なるほど~」って感じだったみたいで。
自分で描いた絵だから余計にわかりやすかったんじゃないかな。

自力で答えが出せたら(ちゃんと絵が描けて、が大前提)ハートマーク1つ。
ハートちゃんが10こ貯まったらサーティワンのアイスを食べに行く約束で
これまで2度ほど行ったかな。

最初のうちは答えは出てても説明できない絵だったり、
絵も答えも描けてるのに問題の意味を取り間違えて聞かれてない部分を答えてたり
なかなかハートマークが付かないまま過ぎていった。

いつぐらいからかなぁ、確実に読めるようになって
私に「ヒント~」と頼ることもなくなって、ささっと描けるようになって
ちゃんと絵に描けてるから答えも正しく出せるようになった。

簡単にスイスイ進むようになっていたところで、ノート1冊目が終了。
1冊で52問くらいはやったのかな。

実は年長問題だったので、2冊目へ行くのを機に1年生の問題へシフトした。
この間の土曜日が初だったんだけど、「ちょっとむずかしくなってる・・」と
言いながらも、自力でやって持ってきて正解。

週に1問で、ちょうど1年間でノート1冊分(52ページくらい?)かな。
最初はそんな亀の歩みで・・とか、どうなのかなぁと思ったりもしたんだけど
1冊終わってみると当然のことながら成長してる。

コツコツと続けるのって大事なんだなぁと実感。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/22(Tue) |   |  [ 編集]
コメント下さった方へ♪
直接お返事お送りしましたが届いていますでしょうか^^;
2010/06/25(Fri) | URL  | blue@管理人 [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可