FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
4級に向けて
2010年06月16日 (水)
まだ5級の結果も出てないんだけども(苦笑)

10月に4級を受けようと思ってる。
申し込みは確か7月あたりなので、見通しを立てておかなくてはいけない。

予想問題・過去問題をやってみて半分程度できるようならGO!とも聞く。
ムスメにはまだやらせてないけど、どうかなぁ。
あまり早いうちにやらせて気持ち的に撃沈させちゃマズイと思って
教本で少し触る感じでスタートしてから、予想問題にいこうかな。

英検4級教本 改訂版 7日間完成 英検4級予想問題ドリル (旺文社英検書)

また予想問題を3回分コピーしつつ、まず私が内容をチェック。

筆記は5級の25問から10問増えて35問。
(1)語句穴埋め (2)会話文 (3)並べ替え に加えて(4)長文 が登場する。

前半3つの問題数は5級と同じで、(4)長文で10問が加わり
この長文も3つに分かれている

(A)掲示やメモ・・2問
(B)Eメール・手紙文・・3問
(C)英文・・・5問

この長文っていうのが4級の大きなポイントらしい。(そりゃそうか)
ムスメのように出てくる単語はとりあえず読めるというタイプは強いのかも。
もちろん知らない単語も出てくるだろうけど、多読のススメでもよく耳にするように
文章中の何割かの単語が読めてわかれば、文の意味もわかってくる(はず)

これはORTを読み進めていくことで補っていけるんじゃないかな。

あと慣れていないと、文章ということで苦手意識を持ってしまったり
「難しい」オーラがバンバンに出てしまったりするのが心配。
だけど私が予想問題を見る限りでは、1つ1つの文章は短めで単純だと思うので
苦手意識を持たずに読んでいければ大丈夫な気がする。

ムスメは最初は毛嫌いしそうだなぁ・・・(汗)

でも本当に1つ1つの文章はわかりやすいはずなんだってば。
(誰に語りかけてるんだ、私?)

設問を読んでから、題材の文章を読んで答えを探す・・というのが攻略法らしい。
(予想問題の攻略に書いてあった)
でも最初のうちは全部を一通り読んで、どこまで内容が把握できるかやってみよう。

これで長文を読むのに抵抗が減って、英語の本を読んでくれたら嬉しいなぁ(笑)

リスニングは5級から5問増えて30問。
5級と違って、筆記とリスニングは半々じゃなくなるんだな。
聞くところによると、級があがるにつれてどんどん筆記の割合が増えるんだとか。

予想問題集には筆記が7回分で、所々に覚えておきたいポイントが載っている。
今のムスメでどれくらいわかっているかチェックしてみた。(ハハの独自判断)

<頻出単語>

(1)よく出題される動詞 26こ

clean、know 、put、sleep、run などは大丈夫かな。

・・って、どれもORTで覚えたものじゃん(笑)
厳しめに見て7こはわかってるってとこかな。
だけど他も多分文章で見ていくうちに覚えていけるような気がする。

(2)覚えておきたい不規則動詞 20こ

eat→ate、come→came などなど、ここでもORT強し。
ORTは過去形の表現が多いので知らず知らずに覚えてる。
見る限りでは8こはわかってて、他も多分「見たことある~♪」かな。

(3)よく出題される名詞 16こ

shop や airport 、 dream など身近なものもあって
5級の問題中にも出てたので今の時点で半分以上は既にわかってるかな。

(4)よく出題される形容詞 26こ

これも半分くらいは知っている。noisy なんてORTのおかげ(笑)

(5)よく出題される副詞 12こ

always 、 early 、 sometimes なども5級でやった。
5級では答えに直接関係ないところで出ていたんだろうけど
とりあえず出てきた単語・熟語は一通り読んで、教えてきておいてよかった。
ただ、読めるけど意味が曖昧だったり、入れる場所は不確かだと思う。

<頻出熟語>

(1)数・量・程度に関する表現 10こ

ここで a cup of ~ って出てるんですけど(苦笑)
5級本番で「a glass of ~ 」で間違えたんだよ~。ここでしっかり覚えよう。
あとはa little、a lot など半分くらいは大丈夫そう。

(2)時に関する表現 20こ

この辺はサッパリだなぁ。at first とか at last とか。
have a good time なんてのは感覚でわかりそうだし
知ってる単語の組み合わせばかりなので、少しずつやっていこう。
ORTで出ないかな~(他力本願)

(3)予定・願望に関する表現 4つ

知ってるのはbe going to ~ くらいかな。
でも文章に入ってれば感覚でわかっていきそう。

(4)学校生活に関する表現 4つ

ここでも知ってるのは after school くらいかな。
absent なんてのは言葉からして知らないから教えなくちゃ。

(5)日常生活に関する表現 50こ

look for や listen to 、take a bath など知ってるものも結構ある。
ちょっと不思議なのが「go to bed = 寝る」や「go shopping =買い物に行く」
「have a nice holiday =よい休日を過ごす」なんかは表現というよりそのままじゃ?
多分、英語教室でも触れてるし普通に知ってるものもあると思う。
改めて「勉強!」という感じでやらなきゃいけないものはそんなにないかな。

ちなみに5級の問題で最後に覚えた「be good at ~」もここで登場(笑)

(6)その他 12こ

of course、have to ~くらいは知ってるけど
between A and B とか、each other はここで初対面になりそう。
ORTで出てこないかな~(しつこい他力本願)

<覚えておきたい文法事項>

(1)疑問文・否定文の作り方
(2)命令文・禁止の命令文の作り方
(3)過去の文の表し方
(4)代名詞の変化
(5)不定詞と動名詞の形と意味
(6)比較の文の作り方

最初の方は大丈夫だけど、これからやらなきゃいけないのは
(5)不定詞と動名詞の形と意味、(6)比較の文の作り方かな。

でも不定詞も動名詞も文章で読めば意味はだいたいわかると思うので
教本の文章を読みながら確認していけばいいかなと思う。
ここがわかるようになると、長文も抵抗が減るんじゃないだろうか(期待)

比較級も長文と共にうちにとっては4級のポイント。
以前少し触れているので、後はドリルなどで定着を図りたい。

<重要会話表現>

(1)おわびや感謝の表現と答え方
(2)依頼の表現と答え方
(3)許可を求める表現と答え方
(4)勧誘や相手の意向をたずねる表現と答え方
(5)疑問視を含む疑問文と答え方
(6)電話での会話

Can I ~ ?/May I ~ ?はわかっているので、後は Would や Shall かな。
(5)の5W1Hはだいたいわかっているけど(6)の電話は知らないからな~。

**********************************

こうやって洗い出してみると、過去形や疑問詞を含む疑問文はわかってても
簡単な単語は知らないとか、あちこちにバラつきがあるなとわかる。
そこを少しずつ埋めていければ大丈夫かな。

ただ中身をチェックしてて思ったんだけど、やはり感覚で覚えてることも多いみたい。
そこはとても良いことというか、メリットというかありがたい点だと思うので
なるべく引き続き感覚で捉えていけるようにしてあげたいと思う。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可