FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ORT Stage5 を読んだ
2010年06月07日 (月)
今、ORTのStage3を読んでいる。語数で言うと70~80というところ。

ところが昨夜、Stage5を読んだ。

Oxford Reading Tree

この Floppy’s Phonics のシリーズは大きめで
吹きだしのセリフもあって、普段のシリーズより会話っぽくておもしろい。

まだStage1+の途中くらい(だったかな?)に
この Floppy’s Phonics のStage1+からStage3まで買ってみたら
結構読みやすくて、Stage3のものも読めちゃったりしたので
Phonicsのシリーズだからか、少し先のステージでも読みやすいみたい。

ページ数は24ページ。Stage3が16ページなのでちょっと長い感じかな。
それでもセリフがあるからか、話がおもしろいので読めちゃう。

で、昨夜読んだ語数は300。

あら、不思議。
「ピノキオ」なんて300以下なんだけど、読みやすさが全然違うんだなぁ。
ORTより字が小さめで行間も詰まった感じだし、そうそう、行の文章が長めかも。

日本語で言うと

花が咲いた。赤い花がきれいだった。
その花を私は摘んだ。そして部屋に飾った。


みたいなのだと読みやすいと思うんだけど、これが

私はきれいに咲いている赤い花を摘んで部屋に飾った。

って1つの文にしちゃうと、ちょっと小難しく感じるっていうか。
だからかなぁ、同じ語数でもORTは読みやすいというのがわかる。
学校の教材だけあって読みやすく作ってあるということなんだなぁ。

他の本も読んでみようと思って、SSS(多読推薦してるHP)とAmazonを
行ったり来たりで見比べて選んでみてるんだけど、なかなか難しい。
だからSSSでは語数に加えて「読みやすさ」のレベル分けもあるらしい。

ORTは読みやすさ「YL」で、Stage3なら0.3、Stage4なら0.4というところ。
この辺と語数の両方を見ながら選ばないとなぁ。

とはいえ、手にしてみないとわからないのでいろいろ買ってみるつもり。
難しかったら読まなきゃいいだけだし、その前にムスメも手に取らないだろうし(苦笑)
最初は私が読んで聞かせればいいんだしね。

でもStage5が読めたのには驚いた。選んだこと自体も。
多分ムスメのツボなお話だったんだと思う(笑)

音読なので読めない単語も当然出てくるんだけど、いきなりは教えずに
まず自分で読んでみるように言う。
読んでみると、「あっ」と気づいたりする。お話に関係ある言葉だったりするし
「ボブスレー」とか出だしを読んでみると知ってる言葉だったり。

でも絵がヒントになっているかというとそうでもない(笑)

スケートの絵が大きく書いてあるのに「skating」を「うーんと・・・」と考え込むし。
多分「skate」なら読めるんだけど、マジック e が消えちゃってるので迷ったみたい。
でも個人的にはそうやって絵に頼らずに読んでるのは頼もしかったりする。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可