FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定期テスト
2014年05月16日 (金)
中学に入って初めての定期テスト。

1年生の最初の回の範囲なんてたかが知れてる・・・のだけど
それでも点数の出るちゃんとしたテストなのだから
定着ができているかの確認のためにもきちんとやらなくては。

そもそも学校で何をやっているのかよく知らない。
宿題もノータッチだからなぁ。
普段はズボラな子でも学校の用意や宿題はきっちりやる子だし(苦笑)

国語は普通に教科書の文章があって、漢字も小テストが時々。

数学(危うく算数と書きそうになった)は正負の数とその計算。

理科はなんだっけ・・・植物系だったかな。
今は観察が多いみたいで授業のノートはあまりないようだけど
覚えるコトは結構あるんじゃないかな。そしてムスメは植物やや苦手(汗)

社会は地理。
これは受験勉強の貯金があるぞ~と思ったら世界地図だった(汗)
結局イチから覚えないといけないらしい。

英語はアルファベットくらいかと思いきや単語も50個くらあるらしい。
「簡単なものばっかりだよ~」と言っているけど
意外とそういうのができなかったりするんだからね(汗)

テスト期間中は部活動もやれずにまっすぐ帰ってくるので
ちゃんとテスト勉強しないとね。
最初ということで流れを知るためにも一緒に確認することに。

テスト範囲も学校から一覧表になったものを持ち帰ってきた(驚)
私の学生時代はそれぞれの授業の時に先生が口頭で言ったのを
教科書やノートにメモしてたんじゃなかったかなぁ。
公立中も一覧表があるようなので最近の傾向なのか。

テスト勉強の基本は「教科書・ノート・ワーク」と聞いた。

ワークっていうのも最近の傾向なのかな。
教科書準拠ワークみたいなものを学校で使ってるらしい。

テスト勉強っていうのは教科書を読み、授業のノートを見直し、
ワークも再度やり、間違えた問題はできるまでくり返す・・・だそうな。
しかしノートをあまり取ってない教科もあるんだが(苦笑)
それから教科書はほとんど使わずワークやプリント主体な教科も。

何にしても学校の授業でやったことに限るわけだけども。

甘いとは思いつつ、これを買ってみた。

教科書トレーニング 国語 東京書籍版 新しい国語 1年教科書トレーニング 理科 啓林館版 未来へひろがるサイエンス 1年教科書トレーニング 社会 帝国書院版 社会科 地理

数学と英語は買わず。

教科書準拠のワークってどうなんだ?と思ってるんだけど
学校で使うワークは答えを書いてしまっていて(当たり前)
本当は答えが書いてあろうとなかろうと隠してやるんだろうけど
ムスメは答えが書いてあるものを再度やるのを嫌がるので。

だけど教科書準拠じゃなかったら使わないな。
カラー多すぎるし、参考書部分が多いし、何だか見づらい(コラ)
基本的には参考書タイプより問題集タイプの方がいいと思うし。

授業だけでは理解が難しい・・・という時にもいいのかな。
しかしまだ入学1か月ちょい、難しいなんてものは特になく
テスト範囲も当然のことながら少なく感じる。

こう考えると中学受験って大きな範囲だったんだなぁ。当たり前だけど。
日にちもずっとずっと先で、そこに照準を合わせて帳尻を合わせて。
模試も範囲は広かったけど、その分平均点は5~7割くらいだったりして
「自分にできるところを確実にやろう」を目標にやっていたっけ。

でも学校の定期テストって受験範囲に比べたらコンパクトな範囲だから
そのかわり満点目指すくらいに仕上げていかないと。
短期間でみんなが集中するから平均点はソコソコあるだろうし。

「自分にできるところ~」なんて言ってちゃダメだってことだ。
とにもかくにも受験勉強の感覚は一旦忘れてしまわないと(特に私が)
学校の勉強モードにしないとな。

教科書準拠ワークは2社のものがあって

中学教科書ワーク 学校図書版 中学校国語 国語1年教科書トレーニング 国語 東京書籍版 新しい国語 1年

左の教科書ワーク(文理)の方がメジャーみたいだけど
右の教科書トレーニング(新興出版)の評判が良かったので
こっちにしてみた。

文理と言えば「トップクラス問題集」でお世話になったなぁ。

まず教科書とノートを確認。
それからこの教科書トレーニング。
(学校で配布されてるワークを再度やる代わりに)

問題ばっかりのものもやりたいのでこれも買ってみた。

中間・期末テスト ズバリよくでる 国語 東京書籍版 新しい国語 1年中間・期末テスト ズバリよくでる 理科 啓林館版 未来へひろがるサイエンス 1年中間・期末テスト ズバリよくでる 社会 帝国書院版 社会科 地理

こちらは本当に問題ばかりの問題集。
最初の導入やまとめもないので問題形式が好きな子向き。

最後のまとめにはコレをやろう。

・・・もしかしたら教科書トレーニングは途中で使わなくなって
こっちばっかり使うことになってたりして(苦笑)
または結局は学校のものを使い倒してどれも出番なしだったりして。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。