FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOEIC Bridge(結果)
2014年04月16日 (水)
3月に受けた初めての TOEIC Bridge の結果が届いた。

パソコンでスコアが見れるかと楽しみにしていたのに
TOEIC Bridge は対応していないそうで郵送のみ。

DSC_4074.jpg

スコアは146

内訳はリスニング=80、リーディング=66

リスニングで稼いだな(笑)
家で模擬問題をやったのと同じような結果だったかも。
ということは、やっぱりこのあたりが実力ってことで。

スコア150以上がTOEICへ移行の目安みたいで
初めてだし、年齢のことを考えれば十分すぎる出来だったんじゃないかな。

それから分野ごとに出るらしいサブスコアというもの。

DSC_4075-1.jpg

今回受験した受験者と比較して、
どの程度できたかを1~3の3段階で評価するもので
数値が高いほど、ほかの受験者に比べて評価が高いことを意味する


というものらしい。へぇ。3が1番良いってことか。

・Function(言葉のはたらき)・・・ 3
・Listening Strategies(聞く技術)・・・ 2
・Reading Strategies(読む技術)・・・ 2
・Vocabulary(語彙)・・・ 2
・Grammar(文法)・・・ 3

「言葉のはたらき」というのは
どのような目的と意図(例:何かの申し出・要求・時間を伝える・指示・
情報収集など)で英語が使用されているのかを理解できる

というものらしい。なんか漠然としてるような(笑)

ムスメはこの「言葉のはたらき」と「文法」がよかったみたい。
全体を何となくわかるっていうのは多読とか
英検の長文問題を読んできたからかな、と思ったり。

文法の方はこちらも中学教材を1学年ごとに一緒に見てきて
一応のきまりは押さえてきたからかな。

とはいえ、聞いて(読んで)必要な情報をつかむ、
話の要旨を見極める、内容を推測する・・・という技術は低めに出てるので
まぁ目安ということで。

語彙が足りていないのは十分自覚しておりますです、はい。

トータル146というスコアはTOEICに換算すると440くらいとか。
英検2級だと150~155というのも何かで見たので
2級はギリギリ、もしくは若干足りてません~かも(苦笑)

だけどリーディングパートのところも実践問題はやったけど
間違えたところをきちんと解説しなかったし(忙しくてできなかった)
今までのような準備はしないで受けたので本当によくできてたと思う。

この先は・・・英語の検定関連はひとまずこれくらいでいいかな。

中学校の生活が忙しくなりそうだというのもあるし
英検も次(準1級)は壁が高すぎるし
TOEICは特に必要もないし、Bridgeの方も今回受けてみて
これくらいかとわかったのでひとまずいいかなと思って。

Bridgeの教材は良かったので、自宅勉強ではこれも使ってみながら
また力試しをしたい時がきたらTOEIC Bridgeを受けようかなと思う。

・・・私が受けたらどれくらいなんだろう(爆)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。