FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
語数のチェック
2010年06月04日 (金)
ORT以外にも本を用意してみようかなと思って
ディズニーの絵本を買ってみたんだけど、今日届いてみて文字の多さに・・(汗)

ちなみにこちら。

Sleeping Beauty (Little Golden Book) Bambi (Disney Bambi) (Little Golden Book) Walt Disney's Alice in Wonderland (Disney Alice in Wonderland) (Little Golden Book)

Cinderella (Little Golden Book) Snow White and the Seven Dwarfs (Little Golden Book) Beauty and the Beast (Disney Beauty and the Beast) (Little Golden Book)

お値段もお手ごろだし、ページ数も24ページだし・・・と
一応考えて買ったつもりだったんだけど。

めざせ100万語!多読で学ぶSSS英語学習法というサイトに
語数のデータベースがあるんだけど、載ってなかったので自力で数えてみたら、
「アリス」の542語が一番少なくて、「美女と野獣」が1500語弱、
「バンビ」は1680語くらい。残り3冊は1000語ちょいだった。

あちゃ~、多かった~。私が読んでちょうどいいくらい(笑)
だけどいつか読むだろうから無駄にはならないだろうと思おう・・・。

上のSSSのサイトで会員登録すると語数の記録ができるので
ORTのステージが終わるごとに記録だけはしてたんだけど
今まで語数を意識したことはなくて。
ORTや先日発見された英語絵本がどれくらいのものなのかとチェックしてみた。

語数を数えた「書評」があるので、検索してみて
自分の読んだ本があればそれを利用して簡単に記録ができる。
ORTは皆さん数えてくれているので助かってる。

「はらぺこあおむし」はメジャーなので見つかった。224語だそう。
軽く読めるけど同じ言葉の繰り返しだからか意外とあるんだなぁ。

「ダンボ」は270語(自力でカウント)
これは昨夜私が読むのを聞いてた。

「ピノキオ」は562語(自力カウント)
ちょっと長そうかな~と思って「ダンボ」を先にしたんだけど
やっぱり2倍くらい違うのか。


ちなみにORTの場合

Stage1+…30語前後 / Stage2…65語前後 / Stage3…80語前後

という感じ。

同じStageでも、新しいシリーズの「Floppy Phonics」は多いみたい。
(コレ↓)

Oxford Reading Tree

これは語数の登録がなかったので自主的にカウントしてみた。

Stage1+…50~60語/Stage2…100~120語/Stage3…130語前後

このシリーズは吹き出しでセリフも書いてあるので
その分語数が増えるし、同じレベルでもセリフ次第で語数がかなり変わったりする。
だからかな、Stage2とStage3ではあまり差を感じなかった。

ということは、今のムスメは上のフロッピーシリーズの「Stage3」で
ちょうどいい感じなので、130語あたりがいいというところだろうか。
無理を感じさせちゃいけないからね。

私が読むのを聞く分には270~300語くらいかな。
一緒に文字も目で追っているので、意外と読めそうな気もするけど。

ネットで本を買う場合は文字数をチェックできないからなぁ・・・
今回の買い物は良い勉強になりました(笑)

「おさるのジョージ」が好きなので、SSSでチェックしてみたら
1000文字超え続出~~。
中には少ないのもあるんだけど、映画を元におこした本みたいでレビューいまいち。

ちなみにISBNコードも出るので、そこからアマゾンでもチェックできる。
これで語数(と値段)を見ながらちょっと本を探してみよう。

ムスメのラクに読める語数となると当然絵本になるんだけど
赤ちゃん絵本のように単語の繰り返しばかりというのはちょっともったいない。
せっかくなら文章になっているものを選びたい。
だけど文章(かつ気に入るキャラ系)だと長くなる。

そう思うと、少ない語数なのに一応の文章になっているORTというのは
結構ありがたい存在なんじゃないだろうかと再認識。
同じ程度のものが何冊もある(1シリーズ36冊とか)のもいいし
小刻みに無理せず数を増やしていけるというのも助かる。

でもメゲずに他の本も探してみようと思うハハなのであった。
「ダンボ」と同じくらいでディズニープリンセスのお話はないかなぁ。
「おさるのジョージ」でちょうど良い語数の本はないかなぁ。

「ピノキオ」は500語くらいあるけど、
1つ1つの文章は難しくないので私が読むのなら聞いてくれそうかな。
これで長文への苦手がちょっぴり抜けそうだ(私が)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可