FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英単語
2014年02月28日 (金)
中学入学前のこの時期に英語をもう少しやっておこうと
TOEIC Bridgeを受けることにしたけど
もうちょっと中学での勉強に繋がるようなことはないかな・・・と考えたら
ムスメは英語を書けないことに気がついた(爆)

そう、読めるのに書けない(苦笑)

書くのは中学以降イヤというほどやることになるだろうし
読める単語は書けると思うから省いてきたんだけど
せっかく時間もあるので書く練習も少しはしておくことにした。
聞く話によると中学では英単語ミニテストがよくあるみたいだし。

ムスメは英語から日本語にすること(語順訳)しかやっていないから
英語からの意味はだいたい浮かんでも
日本語を見て「これを英語で言うと?」というのはどうなんだろう。
しかもそれを書けってなったら結構できないかも~(汗)

単語も感覚で覚えていることが多いからなぁ。
前後の関係で推測することも多いと思うので(苦笑)
英検でも単語穴埋めより長文の方が良かったしなぁ。

よく考えたら中学の単語テストって完全一問一答な気もするし
しかも英語を日本語に直すよりも、日本語を英語に直す方が多そう。
そしてそのスペルを書かせる・・・と(当たり前)

ということで、これまでの確認もかねて単語練習をすることに。

キクタンとか出る順とかは英検で使ったことがあって
でも特定の級に特化したものなので、もっと全般的に使えるもの、
英検とか抜きで学生向けなもので探してみてコレを買ってみた。

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

コレなら後々の学生生活でも役に立ちそうかなと思って。

パラパラと見ていると、これまでにやった単語も結構入ってる。
2級までやってるんだから、そりゃそうか(笑)

やった単語=知ってる、ではなくて
「見覚えのあるもの」というのが大半なんだけども(爆)
ましてやスペルなんて書けないけど
難しくてお手上げ~というほどでもないのでいいかな。

本編に入る前の「基礎単語のチェック」からやっていこう~と思ったら
・・・あれ?基本的なコトバってものがないかも。

何せ million から始まってるくらいだから(苦笑)
attention、motion、style・・・

ありゃ。
そうか、基本的と言っても中学の勉強をしてるのが前提なんだ(今ごろ)

ムスメはいわゆる student とか teacher とか school あたりのものでも
書けないものがあると思うんだけど、そのあたりは載ってない(当たり前か)

中学校生活に向けて単語を書いていくということを考えると
やはり中学生向け教材を使った方がいいんだとようやく気がついて
改めてもう1冊買ってみた。

TOEIC Bridge公式ワークブック

ムスメと一緒にamazonで中身を見てみると
「これこれ~、こういうのがいいかも」と言うので決定。

英語ノートに日本語をまず書いて、単語を5回。
この5回っていうのはムスメが自分で決めた。
多分学校の漢字練習で5回やらされてるんだと思う(笑)

本当はこういう直接書き込み系(お得意な・笑)のドリルが
いいかなとも思ったんだけど

10分間基礎ドリル中学初級英単語「中1レベル」

数をたくさん流そうと思うと
1500みたいなのを自分でやってく方がいいかなと。

ということで「くもんの英単語1500」をやっていく予定。
入学まで、とか区切らずにボチボチと。

これからは新しいものを覚えるというよりも
知っている単語は書けるように、ということを念頭に。

そもそも何を知ってて何を知らないかがアヤフヤなので
このあたりを確認しがてら書く練習をしてみたいかな。

いいなぁ、何かこういうペース。
何か年計画な長期的に見ていける話なので焦らずに済むし
じっくり考えることができるのがちょっと嬉しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。