FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOEIC Bridge
2014年02月10日 (月)
3月9日に TOEIC Bridge を受けてみようと申し込んだ。

とういことで、まずはどんなテストなのかを知るために公式本を購入。

TOEIC Bridge公式ワークブック

申し込んではみたものの、TOEIC Bridge というのは
リスニングとリーディングが出ますよ、くらいしか知らなくて
内容はどの程度なのか、どういうものが出るのかは未知の世界。

問題は

【リスニング】合計50問/制限時間25分間

パート1・・・写真描写(15問)
パート2・・・応答問題(20問)
パート3・・・会話問題(15問)

【リーディング】合計50問/制限時間35分間

パート4・・・文法・語彙(30問)
パート5・・・読解(20問)

という5つ。

●パート1(リスニング/写真描写)

写真だけが載っていて、その説明で正しいものを選ぶもの。4択
選択肢の文章はもちろん記載ナシ(リスニングだからね・笑)

●パート2(リスニング/応答問題)

何か言われた時に一番適切な返事はどれか?というもので3択。
こちらも選択肢の文章は記載ナシ。

●パート3(リスニング/会話問題)

2人の会話を聞いた後、それについての質問に答えるもので4択。
「女の人はどうやってホテルへ行きますか?」とか。
英検のリスニング第2部みたいな感じ。

●パート4(リーディング/文法・語彙)

英検みたいに意味の合う単語をピンポイントで入れるというよりも
動詞が主語になる時に動名詞を選ぶとか
主語に合わせて「has・is・does・gets」から選ぶとか
同じ単語でも名詞・複数・形容詞・副詞の中から選ぶとか
使い方を知ってるか?というのが確認されている感じ。

ムスメは意外と基本がわかってなかったりして(汗)

●パート5(リーディング/読解)

メールや看板についての質問に答えるもの。
1つのお題に対して2問か3問だから9題くらいか。

英検4級か3級の長文の1つみたいな感じ。
これが一番やりやすいかも(笑)

---------

全体的に見てやりやすそうかなとは思うけど
リスニングは流れるのが1回のみ、
そして何より問題用紙に記入は一切ダメ!というのが一番イヤかも。

TOEICのスコア(点数)は正解1問につき2点、という配点ではなくて
統計的な手法を用いて正解数をもとにスコア換算するらしいので
実践問題をやってみても「スコア換算表」を使って出してみるらしい。

それもハッキリと何点と出せるわけじゃなくて
正解数を出して換算して「82~90」とか「参考スコア範囲」らしい。
へぇ~~。

それから問題はお持ち帰り禁止なので過去問自体もないようで。
公式ワークブックには1回分の実践問題が載ってるので
まずは実践問題をやってみたいなぁ。でも1回分なんだよなぁ。

公式ワークブックの前半はパート別で問題&解説で
細かく分かれているので英検でいう教本みたいな感じかな。
うちは過去問や実践問題集みたいに問題だけが並んでるものを
ガシガシやっていきたいので教本タイプは使いにくいかも(苦笑)

他にはこのあたりの本があるけど

CD付 受けてみよう! TOEIC Bridgeテスト 完全模試3回分TOEIC スピードマスター

「完全模試3回分」はうち好みかも。

「スピードマスター」はamazonで中身を見てみる限りでは
写真描写のコツ?ポイント?などが載っていて最初にはよさそう。

写真だと服を着るところか脱ぐところかわからないわけだから
状態を表す『着ている』が正解。
『着ようとしている』というのは正しくない。


みたいな。なるほど。
引っかけ問題というのではなくても
日本語感覚で勝手に自ら引っかかりそうなポイントかも(笑)

こういうのは子供なら特に話しておいてあげるといいかな。
内容うんぬんのテスト対策というより
テストの問題の出され方や取り組み方は知っておかないとね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。