FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOEIC Bridge
2014年02月01日 (土)
英検の次の級はかなり高い壁なので
ここから先しばらくは使える英語(ウェブレッスン)と
他の方面にも目を向けようということでTOEICを考え始めた。

でもTOEICって大人向きだと聞くし(それもビジネス向き?)
と思っていたら、学生向けのTOEIC Bridgeというのがあるらしい。

問題数・時間ともにTOEICの半分。

リスニング(50問/25分間)
リーディング(50問/35分間)

そうか、TOEICはこれの2倍ってことだから
リスニング50分間、リーディング70分間・・・合計120分、つまり2時間!?
それでも時間が足りなかったと聞くから、何と濃いんだろう(汗)

実は3月に1週間違いで TOEIC と TOEIC Bridge のテスト日程があって
どちらがいいんだろう?と全くわからなかったので
以前2級の面接の際にウェブレッスンでお世話になった日本人先生に
メールでお尋ねをしてみた(時々やり取りさせて頂いてる)

そうしたら
「まずTOEIC Bridge を受験して、180点満点中の150点以上を取ったら
TOEIC受験に移行するとよいのでは?」というアドバイスを頂いた。

英検とTOEICでは出る単語も違うのでTOEIC用に単熟語を勉強する必要もあるし
まずTOEIC Bridgeで1つクリアして、モチベーションを高く持って
次へ進むといいかもしれませんね、とのことだった。

点数もよくわかっていなかったので、目安も教えてもらえて助かった。
何がどれくらいでどれくらい取れるのかわからないけれど
ちょうど1か月半くらい後にテストがあるのでちょうど良かった。

ということでまずは中身を知らなくては。

TOEIC Bridge公式ワークブック

知らなかったんだけど、TOEICって問題用紙を持ち帰ってはいけないらしい(驚)
しかも問題用紙に書き込みすらNGだとか。えー(驚)

メモ魔な私は困る(いや、私は受けないけど)
でもメモしないムスメでも長文の4択問題は消去法でやってくこともあるし
リスニングでもやっぱり違うものから落として考えることもあるし。
印すら打てないのかーーー、ありゃ。

パラパラと見てみると、問題自体は大丈夫そう。
読みと聴くのだけは何とか大丈夫だからなぁ。

後は単語か。
そうだな、単語を知らないとわかるものもわからないしなぁ。

英語を書くのは中学に入ってからでも、と思っていたけど
書いて覚えることもできるのかな。
これまで書かずに読んで感覚で覚えてきている子だから(それもすごいけど・笑)
書くことでさらに覚えやすく定着しやすくなるといいんだけど。

これまでに比べたら時間はたっぷりあるので
またムスメと相談して考えながらやってみよう。

申込締切が2月5日だから申し込まなくては。

会場は英検みたいに英会話スクールなどの準会場もあるようだけど
今まで英検でお世話になったところはやっていないみたい。
他の準会場は残念ながらまだ探しきれていないので
今回は相当遠くを覚悟して申し込むことにする(汗)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。