FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
合不合(第4回)
2013年10月13日 (日)
9月から毎月続く合不合テスト。

もう範囲も当然ないし、日々復習のくり返しをしているので
合不合に向けて~ということはなくなった。

そういえばこの時期の合不合は気持ち的に楽になったと
四谷の先輩から聞いたことがあったっけ。

組分けテストはクラス分けも絡んでくるから他の人との競争だけど
合不合は自分だけの話だから、と子供さん自身が言っていたそう。

前に聞いた時はあまりピンとはこなかったけど
今ならすごくよくわかる(笑)
確かに自分自身のことだけ見ればいいんだもんね。
うちの志望校は希望として書く人が少ないので何だけど(苦笑)

毎月のことになって、下手したら組分けテストよりペース速くない?くらいなので
私もムスメも妙な緊張や意気込みなど特になくなってるかも。

いや、緊張感は持って臨まないとね。
自分にできることがどれくらいできているかを確認するテストなんだから。

++++++++++++++++++++++++++

受けた後にムスメが自己採点。

これもすっかり定着した。
5年生の頃は受けっぱなし~で後はママ任せ~だったのにね。
成長したもんだ。

単に私に答案を見られたくないって話もあるみたいだけど
それもそれで精神的な成長かな。

特に最後の組分けテスト(9月頭)以降は志望校に向けてやっているので
模試の数字にこだわらなくなったからお互いにラクになったかもしれない。
そもそも偏差値の数字を見る前に自己採点をしてほぼ完結するからか(笑)

だってムスメができていなきゃいけない問題が
できているかどうかを確認して復習するだけだから。

あとはどちらかというとテストを受ける時の諸注意の練習になってるかも。

時間調整や制限時間の中で字を丁寧に書く、式を省かない、
ポカミスをしない、慌てない(これはあんまりないと思うけど)

こればかりは家で訓練はできないのでね。

そもそも合不合はうちにとってはもう必要ないレベルになってきてるけど
こういう訓練だと思って受け続けていくつもり。

ちなみに出来具合の方は、よくわからない(苦笑)

前回の国語も番狂わせ(難しかった)があったみたいだし
もう点数だけ見てもサッパリわからない。
だからやっぱり内容を見て確認していくことになる。

ラスト回に向けて一歩ずつ。今日もお疲れさまでした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可