FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志望校模試(結果)
2013年11月02日 (土)
先日受けた志望校主催の模試の結果が届いた。

1週間くらいで結果を送ると聞いていたけれど
人数も少ないからか思っていたよりも早かった。ありがたい。

人数の違いもさることながら、国語と算数の2教科だけだし
塾の模試と違っていろんな志望校の合格判定とかないから早いのか。

ムスメと一緒に封筒を開ける・・・ドキドキ。

おっ・・・お?
えーとえーと、何だか焦る(苦笑)

見てはいるんだけどちっとも目に入ってこない。完全に上滑り。
こんなんじゃ本当の入試結果を見る時はどうなるんだ・・・(汗)

落ち着いてもう一度見直す。

とりあえず無事A判定。

良かった~~。具体的には全体の上位1割に入れていた。
多分大丈夫だろうとは思っていても心配だったので
実際にA判定をもらえて安心した。

内訳を見ると国語が良かったみたいで、こちらも上位1割以内。
算数はそこまでに入れなかったけど総合点でA判定のこと。

ありゃ・・・算数の方が低かったか。

実際の問題とムスメの解答用紙も返却されていたので確認してみると


・・・

・・・・また計算ミス。

・・・・・はぁ。

しかも【1】の計算問題で1問。

・・・またか(!)

もうこれはミス、ポカミスというよりも計算力なんじゃないかと。
今頃気がついたのか!?という感じだけれど、計算力が低いと自覚しなくては。
「ミスさえしなければ~」という考え方はもう止めなくては。

間違えたのはこれも含めて全部で4問。

そのうち2問はどちらも文章題の(3)で少しややこしくなっていて
試験後にムスメもできなかったと言っていたものなので納得。
飛ばして次へ進んだのは仕方ないと理解はできる。
だけどじっくり考えればできたかな、という問題なので見直したい。

あとの1問は

やっぱり計算間違い

文章題の中の(2)の問題で、フツーに計算してる途中のひき算を間違い。
それもくり下がりも何もないシンプルなひき算。

いや、くり下がりがあろうとなかろうとひき算を間違えちゃダメでしょ(怒)

これが(1)で間違えてたら次の問題にも響くところだった・・・
もう怖くて怖くて仕方ない。

何とかしてくれーーーー

・・・ではなくて何とかしなくては。
本当に本当にテコ入れしなくては。

算数に限らず読み飛ばしや勘違い、思い違いというのも多いので
今までは性格的にもポカミスで済ませてしまってたけど(これは私も反省)
そういう間違いと今回のような計算間違いは別で考えなきゃいけなかったのかも。

計算間違いは全ては計算力につながってるということか。
今さらなんだけど・・・ホント今頃言ってんの??だな(汗)
私の意識も甘かったと痛感している。
あと3か月足らずで何とか立て直さなくては。

そして国語。

こちらも上位1割に入れたということで喜ばしいことではあるけど
内容を確認してみるとポカな点がいくつかある。

まず漢字。

漢字問題は文中からの出題なので問題数は合不合の10問より少し多いけど
不思議なことに(コラ)ほとんどができてる。

だけど「傍線の読みを答える」ものに送り仮名まで書いて失点。

記号問題は全問正解だけど記述がやっぱり危うい。
てか、思ったよりも記述問題が多いんですけど(汗)

これも不思議なことに「内容を本文中の言葉を使って〇文字以内で説明しなさい」や
「~なのはなぜですか。〇文字以内で説明しなさい」というものはほぼ取れてるのに
「~とは何のことですか」と実際の読み取り部分を聞かれたものは全滅。

言葉をそのまんま受け取るタイプだと思っていたけれど
こういう問題はできないらしい。

「文章中の言葉を使って説明」というのはだいぶ上達したとは思う。
というか、「自分の言葉で説明しなさい」は逆に無理で
題材の文を使って(組み替えて)文にする方がやりやすいんだと思う。

確かに組み替えて言いかえて文章にするのは教えたつもり。

そういえば「~とは何のことですか」というものは
できて当たり前というか、特に困った覚えもないのでスルーしてきたかも。
ここでピンポイントでまた教えないといけないかも。

とりあえず捻る問題ではないので記号問題は確実にできていて良かった。

点数は国語の方が悪いんだけど判定が良いということは
算数ができる子の方が多かった・・・ということなのかな。
あれ?貼付されていた平均点を見ると国語の方が少し高いみたいだけど。

でも判定や入試の合否って合計点で決まるということに気がついた。

改めて実感した、というのではなくて全くそれまで考えてなかったかも。

これまでの模試や組分けテストだとどうしても各教科ごとの出来に注目して
合計点での判定はあまり気にしてなかった。
クラス分けも関係ないから特に合計点に意識はいっていなかったし。

だけど今回、国語と算数の教科ごとの判定は違っても総合で持ち直したのを見て
入試って最終的には合計点で上から並べるんだと実感した。

根本的にはどの教科がどの教科をカバーして・・・というのよりも
全体にどの教科でも点数が取れることが理想なんだけど
そういうこと言ってる場合じゃなくて合計点を取ることが大事なんだと思った。

だからどの教科でも1問、1点に緊張感を持たなくては。

ムスメにも話をした。

算数はもしかしたらあと1問できていたら国語と同じくらいの成績だったかも。
たった1問だけでも判定が変わることがあるのだから丁寧に取っていかなくては。

ムスメも算数の方が低かったことがちょっと残念だったようなので
そのあたりの琴線に触れるといいのだけど。

こんな厳しいことばかり言っていたら志望校の先輩から
もっと褒めてあげて~と言われた。(ちなみにその先輩も模試でA判定)
確かにそうだ(笑)

よく頑張った。毎日よく頑張ってると思う。良い判定が出て良かったね。

自分達のやってきたことが少しずつ見え始めてきた。
ムスメは特に志望校がどういうレベルなのかもよく知らされず
ここまで走ってきたので、実際のところが見えてきてホッとしてるかも。
もちろん私も少し見通しが立ってきてホッとしてる。

だけどムスメは性格的に慢心するタイプなので今後もやっぱり厳しめに(鬼)

ホント、大きな課題(計算)もあるんだし、何よりここからは慢心するのが一番怖い。
確実にひとつひとつ踏みしめてこれまで通り頑張ろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/03(Sun) |   |  [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。