FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
過去問(H24年度・1回目)
2013年09月24日 (火)
過去問は大事に取っておきたいタイプというか、
できるだけ良い感触にしたかったので後でやってみようと考えていたけど
9月から基本問題中心の勉強にシフトしてみて
実際のところムスメはどれくらいできるのか?が気になってきた。

過去問自体も目を通してどんな感じかわかってはいても
私が解くわけじゃないしね(苦笑)
ムスメがやれなきゃ話にならないわけで。

というわけで休日1日を使って4教科に取り組んでみた。
用紙の大きさとかよくわからないのでとりあえずそのままコピー。
解答用紙も用意してキッチンタイマーで時間制限。

実は最新の年度の過去問は最後の仕上げ的に使いたいところだけど
英検2級の時に「そんなに新出の問題を取っておく余裕はない」と悟って
新出こそやってガンガン慣れるべしと思ったので、今回も最新年度にしてみた。

普段はリビングの真ん中のテーブルが勉強場所だけど
この時はリビング片隅の自分の机(と言っても一般的な作業台)にて。
その間、私とオットは家の別の場所に移動。

結果は・・・うーん。

もうちょっとできるんじゃないのか??というのがホンネ。
(ムスメには言わなかったけど)

国語6割弱、算数7割弱、理科2割5分弱、社会5割ちょい

算数はホッとしつつ、いや、でもこの問題なら8割5分はいけそうだし
社会も内容を見ていた限りでは8割はいけたかなと。
国語は漢字は正解率9割超えということでホッとしつつ
記述問題が「~字以上」という条件すらクリアしていないことに驚いた。

それよりも理科にビックリ。
理科を抜いた3教科受験でお願いできませんか(コラ)

計算問題が出ない分、考えさせたり、言葉で説明するものが多くてボロボロ。
これが女子校向きの理科ってことなのかも。

もちろん直後に一緒に見直し。

よく考えたら過去問って解答だけなんだよね(苦笑)
こちらで解説入れないといけないし、万が一わからない時は調べなくては(汗)

<算数>

●計算問題で1問間違い

解き直しでも再度同じ答えという・・・。
しっかり分数を書いてやっていけば出せる。→だったら書こう。

●文章題で3問ポカ

ケタ1つ書き間違い/男女で聞かれていない方を答える/条件見落とし

●残り4問は演習が足りていなかった。特に立体・平面図形。

計算ミスとポカの分を足せば8割5分になる。
私の予想と同じなので見立てはそんなにズレていないってことがわかった。
あとはやはりやれることをやるに尽きると思った。

<国語>

出題としては四谷のように説明文・物語文が1つずつ。
四谷に見慣れているので文章や問題はとても見やすい。
漢字や語句の意味などは独立型ではなくて文章中から出題。
でも最後の方にも四字熟語などの語句問題が独立して出てた。

漢字はできていたものの、擬態語・擬声語を入れるところは
トンチンカンなものを選んでいるので語彙力が(汗)

読解力もちょっと上滑りで読んでいるというか
文章中にあるのに読み飛ばしていたり、簡単な選択肢も落としていた。

それよりも気になったのが記述。

四谷の記述はできなくて当然としても(オイ)
志望校の問題はそんなにハードルは高くないと思うんだけどな。
そもそも「~字以上~字以内」の条件で字数が全く足りていないのも問題。

文章中の言葉をまとめ直すのではなくて自分の考えも入れて
まとめなきゃいけないのがムスメにはやや厳しいのかも。
(文章から抜粋してまとめるのはだいぶできるようになってるから)

ここは作文力になるのかな。うーん。
でもこういうのはやったことがなかったし全くノーマークだったので
一度きちんとやり方を教えてやっていけば改善はできると思う。

<理科>

うーんうーんうーん。
女子校の理科ってもっと軽めじゃないんでしょうか??
それに一昨年くらいのものはもっとライトだったと思うんですが(汗)

理科社会の出題傾向は模索中って感じなのかなぁ。
いや、昨年度だけがちょっと特異だったと思いたいんだけど。

四谷の模試のように一行問題でいろいろ混ざったのがないだけで
後は普段の模試と同じような出方かな。

でも四谷でもここまで言葉で書かせたりはしないけどね(汗)

単元としては4つ。
女子校らしく物理系よりも地学系が多いかな。
動物・植物・ヒト・天気・地学みたいな。
あとは物のあたたまり方や簡単なてんびんの問題とか。

そこまで計算させるものはないみたい。てか計算問題1つもなかった。
うーん、ちょっと計算があって答えがバッサリ出る方がいいんだけどなぁ。

こちらもこういう答え方慣れていないことも大きいので
きちんと要点を押さえて書けるように練習していけば大丈夫・・・だろか(弱気)

どちらにしても理科は丸覚えや計算を頑張るよりも
「どうして~なるのか?」という本質を確認しながらいった方がいいと思った。

<社会>

アタリマエな問題が多いのでもっと取れるはず。
やはり自然・地理系が多い印象。
でも歴史や公民なども満遍なく広く浅く出ている感じ。

なので一般的なところはできるようにしておかないと。
漢字指定がほとんどないので助かっている部分もあるし(汗)

歴史は室町・鎌倉のあたりがゴチャゴチャに混ざってる様子。
ここはきちんと復習しなくては。

社会は出題にビックリ(!)ということはなさそうなので
今やっている首都圏模試ドリルを丁寧にやっていけば大丈夫そう。

++++++++++++++++++++++++++

実は合格最低点も合格者平均も全て非公開なので目安が全くわからない。
全体の平均を以前の資料で見たことがあるけど
受験者全員の平均なので参考にしてもいいのかどうか。

しかもそれは数年前のものなので問題傾向が変わった最近には
当てはまらないような気がするし。

多分6割取れていればいいんじゃないのかなーという予測はしつつも
でもできるだけ上の点数を目指してやっていきたいと思う。

志望校の問題に合わせた今後の目安としては

算数=今のまま復習を続けていく。本人のミスやポカを減らすのが目標。
国語=漢字・語句は今まで通り続けつつ、記述の部分を練習する
理科=物理系に尽力するのは止めて生物系。それから記述。
社会=今のまま復習を続けて行く

国語・理科で共通して作文力もちょっと見直した方がいいかも。
普段の学校での作文は困ることなく書けているようなのだけど
与えられたテーマ+単語を使ってまとめなさい、はまだ上手くできない。

改めてだけど
難しいことはもうやらずにその代わり基本的なことをひとつひとつ丁寧に。
これが今後の私達の目安になると思う。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可