FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
いろんなこと見直し(1)
2010年05月21日 (金)
このところ時間が取れないとずっと言ってる。
3年生になって下校が遅くなって、最初のうちは割と早めな下校だったけど
G.W明けてから本格的に本来の時間帯になったからだろうか。

それからジュニア予習シリーズを始めて、ペースがつかめないのもある。

ペースが変わったばかりでまだつかめていないのか?
それとも時間や量の配分からして間違っているのか?



昨夜ムスメが寝る前に聞いてきた。


「私が勉強するの、嬉しい?」




ここで私が「あなたが勉強するの、ママは嬉しいよ」と答えれば
ムスメは不平も弱音も意見も何も言えなくなるに決まっているから


「ノーコメント(笑)」


と答えた。そうして私からも


「勉強するの、楽しい?」


と聞いてみると


「ノーコメント(笑)」


と返ってきた。上手いな、切り返し。(そういう問題じゃないか)


子供からそうやって聞いてくるのって、何か言いたいことがあるに決まってる。
きっとムスメも最近の日々(家庭学習)に思うところがあるんだ。
ここは大事に聞かないといけない。


「ちょっとキツイ?」


そう聞いてみた。
時間も内容もひっくるめて。私ですらそう感じるもん、ムスメもそうだろう。


「うーん・・・算数の普通のドリルはいいんだけどね、あっ、英語もいいんだけどね」


「そうか~、ジュニア予習シリーズ、確かにちょっとキツイもんねぇ」


「違うの、算数の予習シリーズはいいの。難しいけど楽しいから」


「?? へぇ~、算数は大丈夫なんだ(ちょっと意外)」


「うーん・・・国語がね、ちょっとね、予習シリーズも普通のドリルも両方とも」


どうやら、「予習シリーズが」じゃなくて「国語」がキツイらしい。

そして私が怒るのがキツイらしい。
確かに最近よく怒る。というより叱る(?)

国語だけでなく算数でも一問一答でしか辿り着けない、
まぁそれはこの年齢ならまだ仕方ないと思いつつ、なんていうのか
ヒントを出して一問一答で答えまで近づこうとしているのに
「それを踏まえて」ができないのがどうしても受け入れられない(私が)

過保護だろうけど、順を追って答えまで辿りついて欲しいと思うから
段階を踏んでちょこっとずつ進むようにヒントを出していっている。
それは答えるのに、「では、これは?」と次の段階を問いかけても
「ポカーン・・・」またはトンチンカンな事を言ってのける。

そして私の口調が厳しくなり、ムスメは余計にアワアワして悪循環になる。
泣き虫なのですぐに泣いて、答えはますます出てこない。




時間がないって言いながら、こういうことで時間を食ってるのかも。



わかってる、わかってるんだよ。こんな時間が一番もったいないことも。
私が怒らなければ悪循環が始まらないのもわかってるんだ。
だけど





やっぱり腹が立つ。


私は「一を聞いて十を知る」の天才ではないけど、物分りは早い。
前後の関係もよく考えるから、物事はだいたい「線」で繋がってる。
「これを踏まえて」という話は得意。

ムスメ(とオット)は真逆。
物事が1つ1つ「点」に見えているんだろうと思う。
これをこうしたらどうなる、だからこうなる・・・とは考えないらしい。
そうか、理論派じゃないんだな。

もちろんこれはこれで良い場合もたくさんあるし、
線で考える私よりもよっぽど割りきりがよくて羨ましくもある。
お互いに良い点悪い点というのはあるんだけどね。



そしてムスメとの会話のつづき。



「算数の予習シリーズはいいの?」


と私が聞くと


「算数も難しいけどー、でも算数はできた時に嬉しいし楽しいからいいんだよ」


「国語はやっぱり難しい?今、特に物語文だもんね。ママも難しいと思うよ」


「ママに怒られてばっかりだし」



どうやらこのあたりが核心ぽかった。

ムスメは弱っちいのかガッツあふれる子なのかよくわからないけど
算数で難しい問題でも投げ出さずに、教えてもらってでも最後までやりたい。
私がこれは無理だと判断してサクッと答えを言うと怒り出すくらいだから。

だから算数は怒られながらも泣きながらもガッチリついてくるし
答えまで到達できたらケロリとして喜んでる。

それに対して国語は、算数みたいに答えがパッキリ出ないっていうのもあるし
図を描いて考えるもんでもないし、自分の頭や言葉でまとめることが
「言われてもできないよ~」と強く思うらしい。
確かに教えてても国語ってなかなか難しいんだけどね。

国語は予習シリーズを使わず、
市販ドリル(論理エンジンあたり)を利用って人が多いのも本当に頷ける。


うちもそうするべきか・・・


だけど、これはムスメにも話したんだけど

できるなんて最初から思ってなくて(こういうのも語弊があるかもしれないけど)
もし間違っても、または答えがさっぱりわからなくても
解答例を読んで「なるほど、そういうことか~」となればいい。
どう考えたって難しい問題だと私も思うんだから
今は「こういう答えになるんだ、なるほど」と思って取り組んだっていい。
「なるほど」と思えるように答えあわせをすればいいんだから。

・・・ただ、アナタはそういう風に思わないよね?(苦笑)
できた、できないばかりに目がいってしまっていて
せっかく良い解説(付属の解答)を聞いても「ふーん」で終わりじゃない?
そういうのを私はつい怒ってしまうのであって、間違えることは怒ってないよ。

「なるほど」と思いながらやっていけば絶対に力がつくから。




ムスメは「うん、うん」と神妙に聞いていた。
国語に関してはちょっと自信喪失気味なのかな~。
「学校の国語は簡単なのにー」とも言ってたから。

そりゃそうだろうよ(笑)



3年生なのにこんな難しいことやる必要があるのか?と自問自答しなくもないけど
3年生でまだ多少時間があるうちだからやっておくのも悪くないんじゃないか。

難しい問題でも答えを聞けばわからなくもないんだし
そうやって時間を使えるうちにやっておいてもいいんじゃないのかって。
だって学年より上のものをやってるんじゃないんだもん。

全く歯が立たずお話にならないならすっぱり変えてもいいんだけど
惜しいところがあるな・・と思うから、続けてやってみようと思うところもある。
一緒に解けばできたりするんだもん。



「だけど本当に毎日よくやってると思うよ。すごいと思う。」


と私が言うと、安心したようで昨夜の話はおしまい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可