FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
組分け結果(6年/第4回)
2013年09月03日 (火)
(※算数200点、国語150点、理科・社会100点満点。偏差値は四捨五入)

        点数     偏差値  (平均点)
算数 ・・・ 104点     44     123
国語 ・・・  85点     51      82
理科 ・・・  48点     48      52
社会 ・・・  38点     45      49

偏差値・・・ 4教科=46 / 2教科=47 / 3教科=47
(2教科と3教科は週報の一覧表から拾ったもの)

※ここから下の各教科振り返りのほとんどは点数だけが出た時点で書いたもの。
(偏差値がわかるとそれに惑わされてしまうから)


<算数>

【1】計算問題

お約束かのようにまた1問間違えた。
計算の工夫ということが頭にないらしい。
律儀に計算したとしても合えばいいんだけどね、やっぱり間違えるという。

【2】一行問題

8問中最後の1つだけ間違い。ほぼ目標通りで良かった。
うちレベルは一行問題ができるとホッとする。

間違えたのは濃さの違う食塩水を混ぜ合わせるやつ。
これはきちんとやっていなかったので仕方ない。

【3】並べ方の問題は2つとも正解
【4】給水管から水が出る問題は(1)だけ正解

【5】から後は全滅・・・と思ったら【8】の(1)が正解してた(驚)
図形の比を出すやつ。
ちなみに最後の【9】まで一応手はつけたみたい(笑)

驚くともに、そこまでやるくらいなら【4】や【5】に戻って
確実にやれそうなところをやろうよ~と思うんだけど(汗)

ちなみに【5】の図形を回転させてできる立体は答えは書いてるけど不正解。
そうか、だからそこに戻るという意識はないんだな。

できそうだったのに~というのがあることはあるけど
タラレバ点数として上積みできそうなものはなかったかな。

<国語>

【物語文】

読みにくかったそう。
しかし気がつくと文章って長くなってるんだなぁ(今頃)

文章中に当てはまる言葉を選ぶものが4問中2問正解。
「おざなり」「怪訝そうに」がわかっていなかったらしい。

記述は2つあって(各10点)どちらも0点。

見てみるとトンチンカンな場所から抜き出してる感じ。
つまり全体がまったく見えてなかったということか。

だけどそこにくっついてる「どう考えていますか」という選択肢問題は
両方とも正解してるので、話が見えているのか見えていないのか(はて)

それ以降の五字抜出や選択肢問題は正解。
「この文章の主題として最も適切なもの」は間違えることが多いのに
今回は合ってた。でも中身を把握できたのか?というと違う気がする(汗)

【説明文】

こちらはおもしろかったと言っていた。
でも「おもしろく読めた=できた」ということではないらしい。

ここでも「ないがしろにする」の意味がわかっていなかったことが判明。
記述も0点。
「本文は何について述べた文章ですか」の選択肢問題も不正解。
本文の内容に合っているかいないかを〇☓でつける問題も3問中1問しかできず。

つまり興味深く読めたけれども内容はつかめてないってことだ。

「木を見て森を見ず」という言葉を知っていたのは驚きだったけど(コラ)
聞いてみたら「ママがいつも言ってるじゃん」と言われた(爆)
そういえば最近は言わないけど以前はよく説いてた気がするなぁ。
役に立ってよかった(違)

【語句問題】

同音異義語が壊滅。5問中1問しかできなかった。
字がわからないというよりも反対に書いてしまうとか
同音異義のうち片方しか書けていないとか。

それよりも最近ずっとやってたものがチラホラ出ていたのに
それも前の日にやった字(しかも間違えたものだけを集めたもの)が
書けなかったというのは何なんだ。ピックアップしてやり直した意味なし。

これは厳重注意。
見ただけ~、やっただけ~、なんて一番あってはならないのに。
覚える気のない答え合わせや見直し、解き直しはやめてもらいたい。

【漢字】

めざせ8割だったのが結果は5割。
まぁうちにしたら良かった方か。

でも見てみると書けなかったものはやっていないものなので仕方ない。
下手したら言葉自体知らないものもあるし(協賛・諸説)

あとは「編成」を「偏」で書いてしまったことと
「済む」と「批評」が書けなかったことと。済むは書けたでしょうよ・・・。
幻の7割くらいにはなりそうだったのになぁ。

正解率は
物語文59%、説明文57%、語句50%、漢字50%

<理科>

1枚目は一行問題。半分の出来。

できなかったのはホウセンカの2問と堆積の問題。
どろ、砂、小石の重なるものは毎回間違える。まだわかっていないらしい。

2枚目は植物動物系。8問中3問しかできてない。

メダカのヒレの種類はわかっても枚数がわかっていなかった。
実は私なんて全然興味がなくてノーマークで、今回調べてわかった次第。
メダカは志望校ではよく出てるようなので気をつけなくては。

この部分は本当に知識が足りてない・・・じゃなくて全然ない状態だった。

3枚目は液体の話。こちらも8問中3問しかできず。

実験をしながらどれがどの液体なのか見定めていくものでややこしい。
これはムスメには無理だったなと思う。ほぼ壊滅。

知識部分と発生する気体の量の計算はできていたので
単発な問題ならできるというレベル。
計算の問題ができたのはよかった。

4枚目は湿度の問題。6問中2問しかできず。

飽和水蒸気の話、私はやるほどに得意になっていくのに(どうでもいいけど)
ムスメはこの「飽和」のことが理解しづらいみたい。
飽和の分めいっぱいに蒸気があると思い込むところがある。

見直すと「あー、そういうことかー」となるのでちょっともったいなかった。
他の範囲よりもできてないのに見通しがつく感じがする。
(逆を言うと他の範囲は解き直しても次にできる気がしない・汗)

5枚目は浮力・ばねの問題。8問中6問できた。

浮力は苦手なのによく計算できていたと思う。本人も嬉しかったみたい。
間違えたところも「しまったー」という感じなので、ばね問題は大丈夫そう。

<社会>

社会は自己最低点。
自己採点してて泣くなんて初めてじゃないだろうか。
それだけ衝撃の点数だった。

でも一緒に見直してみると、どれもこれもできなくても納得のものばかり。
こりゃ知らなかったね、これはやってないよね、という意味で。
漢字みたいに「昨日やったでしょー!」というものはほぼナシ。

ニコイチで正解のものも多いし、問題も知識をたどって出していかないと
答えが出せないものばかりだから、知識の甘いムスメには無理だったなと思った。

大丈夫だろうと思っていた地理分野も穴だらけ。
地図や特産物を知ってるという学校レベルだけではダメで。

歴史もすっかり忘れちゃってる。
国際的なことはやったばかりだけど知らないことまだまだたくさん。
産業のところも1つ1つは知っていても辿る力が足りない。

ポカミスや勘違い、読み間違い、字の間違いなどは全くなし。
つまり言い訳なしの実力ってことだった。

+++++++++++++++++++++++++++

ひとまず今回も点数が出た時点で各教科の振り返りを書いておいた。
というわけで、ここからは偏差値が出てから↓

今回はコース分けの表がわからないけどギリBコースみたい。

初めての偏差値30台(社会)かと思ったけど違った。
もうこうなると平均点次第だから点数そのものを見てもわからないんだな。
問題の難易度次第、他の人の頑張り次第。後者の方が顕著かな。

組分けテストは最後なので特に「次はここを目指す!」というのもないし
自分の中で偏差値(特に四谷の偏差値)は気にしなくなってきたかもしれない。

一緒に受けているのはCコース・Sコースの子達もいるわけだし
都会で学校もいっぱいあってライバルもいっぱいいる環境の子達は
夏休みにいっぱい頑張っただろうし、これからもガンガン頑張るんだろうし。

そんな中でこの偏差値でもうちにしたら十分。
志望校は基本問題をやっていれば大丈夫だと思うので
逆に算数では計算問題を落として、最後の方の問題をファインプレー的に
できてしまった・・・みたいなことを心配しなきゃいけないと思う。

+++++++++++++++++++++++++++

4年生のちょうどこの時期から受け始めた公開組分けテスト。

Aコースから始まって4年生の最後で初めてCコースに。
5年生ではBコースとCコース交互になってて目指せCコースで頑張った。
思えばこの頃が一番成績良かったな(笑)

5年生後半からはBコース定着になって
算数はそれまでずっと偏差値50はあったのに(初めてのテストは除く)
5年生のラストで50を切ってから結局50台戻ることはなかった。

4教科では6年生になってからは初回のみ何とか偏差値50に乗ったものの
後は50を切ったまま終了。
コースも4年生以来のAコースになった時もあった。

振り返ってみると、5年生の頃はちょっと勘違いしかけたなぁ(爆)
結構イケるんじゃ?みたいな(笑)
案の定右肩下がりの典型になって今に落ち着いたけどね。

でも国語は散々だ~なんて言っていたけど
平均を割ったのは2度目のテスト(4年)と5年生のラスト回のみ。
6年生では他教科が平均を割っていくのに国語だけは何とか50を保ってた。
国語ができないなんて言っててごめん(苦笑)

そんなこんなで2年間で15回の組分けテスト。

スケジュール的にキツイ時もあったし、勉強の内容も難しくなって
この組分けの成績も気になってしまうこともあったけど
何とか最後まで受け切ることができてよかった。

締め切りがあることでメリハリもついたし
塾の子達と受けられるテストはありがたかった。
ホント、きつい時もあったけど受けてきてよかったと思う。

何より申し込んだけど病欠などで受けられなかった・・・ということもなく
予定通り受けられたということに感謝。

ムスメも頑張って受けた。
知らないところへ一人だけポツンと行って受けるんだもんね。
元々そういうのが平気な子だとはいえ、本当に偉いと思う。

合不合があるのでテストはまだまだ続くんだけどね(苦笑)
でもこれで次のステージへ進む区切りな気がする。

この経験が本当の受験にもきっと役立つと思うから組分けテストに感謝。
お疲れさまでした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可