FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
理科総復習(水溶液)
2013年08月04日 (日)
理科の2番目は水溶液。

てこ・ばねなどの物理系の次は水溶液か。
確かに四谷のテストでもよく出てくるもんな。

水溶液は性質を覚えていないとできないし、
BTB液が何色になるかとかもう忘れちゃってるもんなぁ。

ムスメは何となくで覚えていることが多くて
その割に今回水溶液の種類を当てはめる問題は結構できていた。

でも「何となく」でやって、できればOK♪というわけにはいかないので
どうしてその答えを選んだのかをムスメに確認して
解説を見ながらどういう順番で考えていくのかも確認しておいた。

あとは中和や過不足なく反応する量の計算。

どうもこのあたりもビミョーで、表から計算するものもできていなかった。
塩酸と水酸化ナトリウムの話は何度も出てくるので確認しなくては。

中の物質とそのつながりと混ざった時のつながり方の変化を
図にいくつも描いて説明した。
それでもどーしても通じない部分がある(汗)

どうしてわからないんだ??何がひっかかるんだろう。

その後にできなかった問題をやってみるも、また何も描かない。
わからなくて手が止まるくらいなら絵を描いてみるように言うと
ビーカーに入ったものの絵を描き始めて、「あ!わかった」と答えが出る。

だーかーらーー、描いてわかるんだったら最初から描きましょうよーーー。

若干ややこしい計算の問題もあるけど、やり直してみたら
そんなに難しい問題じゃなかった(笑)
これならくり返してやればできるようになると思う。

しかし本当に表を見るのは苦手なんだな、ということもわかった(爆)

この辺はやっているのを見た感じでは根本は大丈夫そうなので
とりあえず次の章に進むことにしよう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可