FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
イートック体験(1回目)
2013年07月12日 (金)
イートックの無料体験レッスン(1回目)を受けた。

サポートのお勧めのとおりカランレッスンとデュアル英検コースを1回ずつ。
先生も前もってお勧めを聞いておいた中から2人選んで
どちらをどの先生でやるかはサポートにおまかせした。

1回目はデュアル英検コース。
選んだ先生は数少ないオフィスからの先生でチケット3枚分。
オフィスからだからというだけでなくベテランの先生だから高いらしい。

うちはできるだけ通信トラブルが少ないようにと思って
オフィスからのレッスンを希望しているんだけど、いきなり通信悪(汗)

普段だとムスメに任せて私は違うところにいるんだけど
体験レッスンなので様子が見える所にいたら
先生にはカメラ希望で送っておいたのにカメラ使ってないし
それに教材も送ってきていないし、URLも送ってこないし。

どうなってんだ??と近寄ってみると
ファイルを送ってくれるんじゃなくて画面に映し出してやってる。

字が小さくて見えにくいんですけど~~(汗)
目に悪いから画面にそんなに近づいてやってほしくないんだけどなぁ(困)

そうこうしていたらそれも映らなくなって延々と待つことに。
「まだ?」「まだ」のやり取りのくり返し。

ファイル送ってくれないのか?と思ったらようやく送ってくれて
開いてみたらパスワード指定。
そのことを伝えると「トライアル(体験)だから教えられない」とか言うし。
なんじゃそりゃ。

あちらもサポートと相談している様子。
しばらくしてIDとパスワードをチャットに書き込んできた。
でもあんまり親切感はないなぁ。

入力してみると今度はadobeからフォントをどうとかこうとか~という
メッセージが出てしまってやっぱり見れない。
そう伝えると、別のブラウザで見るように言われてブラウザを変えたら見れた。

うーん、これってパソコン初心者に近いお母さんだったら困ると思う。

先生も一緒になって言ってくれるならまだしも
ものすごーくビジネスライクだし。見れて良かった~、なんてこともなく(苦笑)

ま、レッスンだからそうなのかもしれないし
こんなとこが気になっちゃうのも日本人特有なのかもしれないけどね。

そんなことしてる間に15分くらい経ってしまったけど
レッスンは延長してくれてその後は英検レッスンをやっていた。

長文を読んで質問されたり・・・というのは普段のものに近いけど
最後には単語練習?のような感じで、単語一覧表に載っている単語を読んで
横に書いてある日本語の意味を読んだそう。

えー、と驚いたのは私だけでなくムスメも(苦笑)

端っこには読み方もカタカナで書いてあって一番遠慮したいパターン。
ムスメはそこは見ないようにしていたらしい。

宿題ももらったそうで、先生からの最後のチャットメッセージは
「練習!練習!練習あるのみ!」みたいな。
確かに練習は必要だけど時間もないし今年は優先事項が他にあるので
レッスンだけで完結できるような流れでやりたいのだけどなぁ。

このあたりはサポートに伝えておくといいのかもしれないけど
ムスメはちょっと引き気味な感じだった様子。

ただ先生自体の感触は悪くはなかったようで
どちらかと言うと教材に引き気味というか。
一応前もって日本語が書いてある教材だと話はしておいたんだけど
どうもウェブレッスンは英語オンリーでやりたいみたい。

英検をやるには日本語は不可欠とわかってはいるけど
ウェブレッスンでは日本語を介したくない。
つまりウェブレッスンでは勉強ちっくなことはしたくない。

・・・違うな、勉強としてやるレッスンも嫌いじゃないもん。

何だかな、教材が合わないってことかな。
サポートの人も合う合わないがあるって言ってたからなぁ。
その場合はご相談下さいってメールにも書いてあったから聞いてみるかな。

こういう時って聞いてまでココでやりたいと思うかどうか、だもんね。
この先生がいい!とか、お値段的にGOOD!とか(笑)
何かうちに合う特徴的なポイントがないと・・・競合はいっぱいあるからね。

2回目の体験レッスンを受けてから考えてみよう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可