FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
イートック eTOC(体験候補)
2013年07月07日 (日)
少し前からウェブレッスンの題材として英検の長文を使うようになったので
そういうことができるようなスクール、ということで探してみた。

いくつか出てきた中の1つ、イートック eTOC

特徴(というかウリ?)なのが「英検デュアルメソッド」というもの。

英検の長文を意識した教材(多分過去問ではなく自作)で
まさに長文を読みながら会話の勉強をするというレッスンだそう。

どうも元々は英会話スクールをやってるらしく、そこで子供の英検受検を
フォローしながらできあがった教材・・・だとか。(5級から1級まである)

HP上で教材が見れるので見てみると、長文の下に意味が所々に書いてある(驚)
デュアルメソッドというのはどうも日本語と英語のデュアルということらしい。

そうか~、うちは日本語を介さずにやってきているのでちょっと違和感。
もちろん家で英検過去問をやる時はバンバン日本語だけど(笑)
スカイプでのレッスンは日本語を入れないようにやってきたつもり。

あ、でも先生が日本語で解説(?)するというよりは
多分先生は日本語を話せないだろうから、意味だけが教材に載ってるだけか。
意味は日本語に手助けしてもらいながらやりましょうってことかな。

長文の前に各級の単語や文法(?)を練習する教材もあるみたい。
ざっとしか見てないけど、そちらはもっと日本語バンバンな感じに見えた。

英検の長文を読むことをレッスンに取り入れる、という考えは
私も同じなので願ったり叶ったり・・・かな、どうかな。

1日1回自分のレベルにあった英文を読んで
外国人講師と文章に応じた質問に答えながら自分の意見を話す訓練をする


とHPに書いてあったのはまさに私が考えてたのと同じなので
ここならいいかも、と思った。
ただ教材が・・・ということで問い合わせるとすぐに返事がきた。

(内容抜粋)
・話す為に必要なことは例文の暗記をする事が必要。
・読むだけではなくその場だけでもいいから暗記するまで話すこと。
・長文は答えの暗記を講師から求められる。
・カランと英検デュアルメソッドの受講をおすすめ。


それから気になっていた日本語訳の件。
「日本語がついていると脳が甘えるのでは?というのも理解できるが
 英文をしっかり日本語に訳すことが良い」とのこと。
うーん、そういうものなのか。

何せ私はムスメの体得の仕方しか見ていないわけで(そして素人)
あちらは実際の教室もやっているので良い点悪い点もわかった上でなのかな。
もちろんそれが合うかどうかはやってみないとわからないのだけどね。

登録をしなくても先生のプロフィールやスケジュールが見れるのもありがたい。

希望の時間にはあまりいない・・・ってこともあるのでそのあたりもチェック。
一応選べるくらい4~5人はいそう。

こちらの料金はチケット制。

1か月3000円コースだとチケット20枚(1枚あたり150円)

先生によってチケット枚数が異なって、1枚の先生なら1コマ150円とお安い。
だけど主な先生はチケット2枚~なので1コマ300円~が基本と思った方がよさそう。

基本の月額コースに追加チケットを付けるというシステムもあって
これはQQEと同じなんだけどこちらは何と期限無制限。ありがたい。

そして追加チケットは20000円なら200枚、10000円なら90枚なので
1枚100円か111円と急に格安になる。

我が家の計算式に当てはめて月16回で計算してみると・・・

まず先生のチケット数。
2枚だとありがたいんだけど、基本的に先生の自宅からのレッスンだそうで
オフィスからの先生を希望するとチケット3枚の先生になる。

うちはオフィスからというのが外せない希望の1つなので
チケット3枚の先生で計算すると月16回なら48枚が必要。
基本の月3000円コース(20枚)+追加ポイント(28枚)になる。

追加ポイントは20000円分だと1枚が約100円だから28枚で2800円。
合計で1か月5800円(16回で平たく割ると1回あたり約363円)

えーと、QQより若干安くなるかな・・・若干か。思ったより下がらないなぁ。

その他の良さげな点は
・期限のある毎月3000円分のチケットも翌月に繰り越し可能
 →3枚の先生を利用すれば月7回弱なので余って困ることはないだろうけど。
・予約は2週間先までOK
・追加ポイントの使用期限がない(これ大きい)

ということで条件的にはある程度うちの希望に近い感じ。

あとは・・・暗記型のレッスンがムスメに合うかどうか(汗)
こればかりは体験してみないとわからないので2回の無料体験をしてみよう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可