FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
第4回総合回(算数)
2010年05月14日 (金)
総合回の算数は、基本問題・応用問題・チャレンジ(各2ページずつ)の3段階。

普段の市販ドリルも2ページずつやっているので同じ感じかなと思うんだけど
A4版だけど同じA4サイズのハイレベよりは問題数少ないのに
いつもより何か時間がかかってる気がした。

と思ったら、ジュニア予習シリーズは別でノートにやっているからかな。
そんなすごい差じゃないんだけど、きっちり写そうとするムスメらしい(苦笑)
そう言えばノートだと字が比較的丁寧なような・・・新たな発見。

チャレンジ問題は「はなまるリトル」みたいな感じ。
難しいというより、さぁ頭をちょっとひねりましょう~という問題かな。
私も一緒になってホワイトボードで解いてみた(答えはわかってもナイショで)

こういうのが「およっ、おもしろそうな問題♪」って思えるといいなぁ。

問題数は多くないけど、1つずつは良い問題だなという印象。
これはまた年度の終わりにもう一巡やりたいと思った。

算数にしても国語にしても、うちはいろんな問題集をやってる。
予習シリーズ以外でも多分5冊はやるかも。
昨年度も5冊で、そのうち3冊は二巡したっけ。(予習シリーズはナシ)

同じドリルを何巡もやるのが良いのかなと思うこともあるんだけど
いろんなドリルを使ってみると、出し方がそれぞれに違っていて
「ほ~」と思うこともあるので(私が)、何冊か用意してしまう。

国語のところでも書いた話だけど
ムスメは聞かれてる意味がわからないということも多々あるので
同じ問題をやるより、初見の問題に1から取り組む機会を
なるべく作りたいと思っているのもある。

本人も問題の内容をそんなにハッキリ覚えてるわけじゃないけど
妙に物覚えが良いところもあるし(笑)
昨年度は2回目のものに「これ見たことある~」と言ってたし。
だからって正解するわけじゃないんだけど(苦笑)

「見たことあって前に間違えた問題」を
2回目はきちんと解けるというのも大事なことなんだろうけど
初めての問題に抵抗なく取り組めるようにもなって欲しいなと。

1冊も満足にできないのにそれはどうよ?という考えもあるだろうけど
どちらにしてもこれだけ時間と冊数が揃うのは今年度までだと思うので
今年は使ってみれるものは使ってみたいなと思ってる。
(はなまるリトル・ハイレベは3年生までしかないので)

希望としては、その中でまたやりたい問題だけピックアップして
後半でやれたらいいなとは思うんだけど
いかんせん2月から4年生のカリキュラムになるので足りるかどうか。

うーーーむむ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可