FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
算数 週テスト問題(22年度版)
2013年06月10日 (月)
算数も古い年度の週テストB問題を第10回~第13回までやってみた。

第10回 42点
第11回 42点
第12回 54点
第13回 68点

※100点満点で(笑)

4回とも全く同じだったのが大問1の計算問題で必ず1問の間違い。

は?
たし算とわり算の混ざったものでたし算からやりましたと??

何年生からやり直しますか(呆)

一行問題も5問中2~3問はほぼ間違える。
2枚目の大問3~4(計6問)はどの回も半々の出来なので
点数の差はここで出てるようなものか。
(第13回は1問しか間違えなかったので)

全体的に見てアヤシイのが

・場合の数(複雑な並べ方と組み合わせ)
・速さと比(円周上の旅人算と比)

あたりかな。並べ方・組み合わせは一行問題の簡単なものでもできていなかった。

もう少しきちんと考えればできるのにねぇ、というものもあったので
ムスメの場合「並べ方・組み合わせ」ってのは
理解度の足りなさ+上っ面でやるクセが相まってしまうのかも(困)

もちろんポカ系も相変わらずあって、影の問題でも図形問題でも足し忘れアリ。
計算が多くなることで計算ミスもアリ。
図形の回転移動や複合立体なんていくつも足さなきゃいけないから死活問題(汗)

意外なことにできている(コラ)のは流水算。
旅人算よりもシンプルなところがまだ旅人算よりとっつきやすいのかも。

旅人算の中では円上をまわるというものが弱い。
池のまわりを単純にまわるものならいいけど、2回目に会うとか会わないとか。
直線を行ったり来たりで2回目に会うものはできるので
何だろうなぁ、池のまわりが鬼門なのか?(違)

面積の比あたりはやったばかりの頃に比べるとできるようになった。
比スペシャルをやったもんなぁ。

当たり前のことなんだけど、どれもとりあえず基本問題なら大丈夫レベル。
もちろん単元によっては練習問題も大丈夫レベルなものもあるけど
何にしても取れるものは確実に取りたいんだけどな。

4回分をやってみて、間違えたところだけをピックアップして解き直しデー。

それでも残ったところを見てみると

第10回 ラストの大問5(2)・・・面積比
第11回 一行問題1問、大問5の(1)・・・どちらも円すい絡みの図形問題
第12回 大問4(2)、大問5(2)・・・池のまわりの旅人算と影の問題
第13回 大問5(1)(2)・・・流水算

円すいがアヤシイことがバレバレ。
第11回の一行問題なんて手つかずだもん。円すいの面積の出し方忘れたらしい。
というより覚えてないんじゃないか?

それから全部の回で1問ずつ間違えてた計算問題は
また別で1枚にまとめて解き直しに入れておいたら・・・

4問中また2問できてませんが(怒)

どちらも分数の約分の時に間違えてる模様。
約分するのに分母だけ割って分子はそのままとか。

計算問題の解き直しで正解率5割ってどうなんだ。
文章題の解き直しなんてやってるやってる場合なのか?(悩)

解き直しの後はもう一度第10回からB問題(古い年度)をやる予定。
計算問題も含めて全部。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可