FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
週テストB問題(算数) 解き直し
2013年05月31日 (金)
算数の週テスト問題集を第10回~第13回までやってみた。

点数はもう出していないんだけど、散々・・・まではいかないものの
なかなかまだまだですなぁ、というところ。

こりゃ今までのようにギリギリな予定じゃなくて良かった。
いつもの予定よりも組分けテストまで日にちの余裕があるのでね。

第10回が一番できていなかったかな(汗)
「なんだったっけー」から始まってたようだし。

でもやっているうちに「あ、そうだった」なんてのも聞こえてくるので
早めに週テスト問題集に取り掛かって良かったかも。
ただし、思い出したからといって正解できてるとは限らないんだけども。

1枚目の一行問題からして半々の出来、という回が多い。
でも基本問題なので久しぶりで忘れているものだったり(サイコロの何通りとか)、
後は図形で足し忘れとか、段差の高さの足し忘れとか、もちろん計算間違いとか(涙)

丸つけはムスメがやって、自分でもう一度解き直してみてから持ってきて
わからないところだけを一緒にやってみるということにしているので
最近は2枚目の文章題のみを一緒にやるというパターン。

でも1枚目で自己解決したものも私に解説してもらうことにしてる。
わかったつもりというのが一番マズイしね。
「つもり」じゃなくて本当にその時はわかったとしても
それだけだと次にはまたできないと思うし。

それにムスメの最近の様子を見ていると
流水算、体積などの「出し方」は段々と手堅くなってきているのがわかる反面
「最初の取っ掛かり」がつかめなくてできないことがとても多い。

そういうところを考えるところからが算数でしょー、と思うので
図を描いて考えたり、とにかく自分で思いつける・気がつけるようにと
いうのが今の一番の目標かもしれない。(※計算ミスを除く)

それにはやはり同じ問題をくり返してでもパターンを覚えて
「この時はこうするんだ」というのがわかる方がいいのかな。

パターン学習は危ないという話も聞くけれど、それは多分意味もわからずに
数字を当てはめたり公式をすぐ使ったり・・・ということだと思うので
そうではなくて問題のパターンに慣れて見慣れて欲しいというのが今の目的。

理科なんかは特にわかりやすくて、バネや浮力など出る問題って似てるから
「知ってる知ってるー」という感じになる・・・そんな感じ。

間違えた問題をピックアップしてexcel用紙にペタペタ貼って印刷して
解き直し用のプリントを作った。

1回分につき半分くらいは解き直しがあるから結構な量(汗)

これは当然1巡では済まないと思うので、また間違えた分だけピックアップして
全部なくなるまでくり返していく予定。

何日かかるかなぁ・・・。
気になるけれど、ここを疎かにしていてはいけないと反省したんだから
ここは日にちを気にすることなくきちんとやらなくては。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可