FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
元通り
2013年05月21日 (火)
ここ3週間くらい(?)ムスメだけで取り組んでもらうことが増えて
算数はJmediaの映像授業におまかせ、理科も社会もテキストを
自分で読んでその後の練習問題に進んでいた。

答え合わせの後は一応どんな感じだったか聞いていたので
出来具合・間違え具合などはわかっていたものの
私自身が内容を見ていないので軽くしか確認していなかった。

週テスト問題集でもムスメに「解説を見てわかった?納得できた?」と聞いて
「うん、多分大丈夫だと思う~」と返ってきたらそれでヨシとしていた。

これはマズかったなと反省して、また2人で勉強を復活して1週間。

算数はJmediaを使わずに例題を一緒にやる。
理科・社会も一緒にテキストを読んでいろんな話をする。
週テスト問題集の間違えたところを一緒に確認する。

これで私の自由時間はかなり減ったけど(苦笑)
でもペースはまた段々と良くなってきたんじゃないかなと思う。

特に週テスト問題集の間違えたところを確認するのは大事だとよくわかった。

ムスメは赤文字で答えを書いて、その時は一応納得はしたのかもしれないけど
私に説明してもらおうとすると「えーと何でこうなるんだっけ?」となることも。
そして間違えた答えすら、どうやって出したかも説明できないということもわかった。

だから式を書こうよ、メモを書こうよ、とずっと言ってあるんだけどな。

ある程度は任せてあるからか、元々責任感の強い子なので
本人なりの自覚もまた少し出てきたんじゃないかなと思う。

基本的にママ大好きなので、ママと一緒に勉強するのが好きらしい(照)
でも一人前に扱ってもらいたいとか、そんなお年頃でもあるので適宜まかせつつ
一緒に頑張るところは頑張るというのがいいのかもしれない。

勉強の結果(成績)に反映されるかどうかは未知の世界だけど
やり方は今まで通りに戻して良かったな。

私も時間に追われてグッタリな時もあるんだけど
ムスメと一緒に最後まで走り抜けることに決めたんだった。
やれることやって自分達らしく受験生をやろう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可