FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
周期算
2010年05月09日 (日)
週の前半にジュニア予習シリーズをやって、
週の後半は復習としてその範囲に沿った市販ドリルをやっている。
(3冊の中から同じ範囲を取り出しやすくしたいので全てコピーで)

今週は「かけ算(1)」

その範囲の市販ドリルを日数に合わせてフォルダに入れてあるんだけど
なかなかピッタリの範囲・枚数というわけにはいかず。

かけ算はかけ算でも、ドリルにはまだやってない3ケタ×3ケタとかも出てくるし
予習シリーズで出てなくても学校でやってなくても
できそうなものは入れてあるんだけど、それでも枚数的に足りなかったりする。

後々はこういうところにリビューテスト・まとめテストを入れるつもりだけど
まだ始まったばかりなので、今はできそうなものを順番に入れてる。

たとえば「水のかさ」
市販ドリルにはあるんだけど、ジュニア予習シリーズには入ってない。
2年生でやっちゃったという扱いなのかな。(確かに今年度からは2年生の範囲)
ムスメは昨年度の問題集での先取り扱いで載ってたからやってあるので
この部分なんかは復習も兼ねて空いているところに入れてある。

それから「特殊算」
これもジュニア予習シリーズでは出てこないので、空いてる時に。

昨日やったのがトップクラスの周期算。(標準+ハイクラスA)
私は○○算ってよくわかっていないので、ムスメと話しながら
「こういうことじゃない?」と法則を見つけながらやってみた。
最初は「これを1パックに考えてさ~」とまとめ方を教えてから後は自分で。
その次はどれをどうまとめて考えるかも自分で見つけていくように。

前だったらせっせと絵を描いて考えてたかも(苦笑)

単純なものだとわかる感じ。
また高学年の予習シリーズで出てくるんだろうし、イメージでわかればいいかな。
(ちゃんと式まで書けるようにはなってるけど)

しかしヒントを出しながら、ちょっとの成長を感じた。
言葉を端折って(相手がわかってる前提の時にありがちな)話してみたんだけど
ムスメも「あー、そっかそっか」って反応。通じるって助かるなぁ。
わからない時はキーキーなってモンスター相手に話してるようになるから(苦笑)

理解の度合いっていうのも年齢とともに成長するんだなと実感。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可