FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
社会 第13回(結びつく世界と日本)
2013年05月23日 (木)
社会の第13回は「結びつく世界と日本」

社会もテキスト読みから一緒に。
世界と結びつくということでまず貿易の話。

日本の貿易の話は5年(上)の地理範囲でもやっているので
そのあたりも思い出しながら。

加工貿易だとか、円高円安の話とか、貿易相手先とか
どうして外国に工場を移すようになったんだっけ?とか
産業の空洞化というのも前にやったもんね。
貿易相手先と貿易品目もちょこちょこと覚えていて意外(コラ)

5年ではここまでだったけど、今回は「世界とつながる」ということで
その貿易で生じる問題(貿易摩擦)や貿易をめぐる問題などが新出。

保護貿易に自由貿易かぁ。小学生でこんなことやるんだっけ。
学校では出てくるんだろうか。

今は授業では歴史をやっているようだし、6年生の行事に押されて
公民は最後の方で駆け足になると聞いているのでどうかなぁ。
(中高でもそうやって最後に大急ぎで消化した記憶が)

国際機関の横文字が出てきて、どうも正式名称(英語)を知ってから
頭文字のアルファベットで覚えたいそうなので翌日までに調べておいた。
よほど丸覚えに自信がないのか(笑)
でも悪い事じゃないしね、正式名称を私も改めて覚え直したぞ(爆)

牛肉やオレンジの輸入自由化なんて私にとってはつい最近のことみたいに
思えるんだけど、ムスメにしたら立派な歴史だもんなぁ(笑)

世界の国の名前と場所や、国際機関の名称やら
暗記しないといけないものがやっぱり入っていかないのはどうしたものか。

テストをやりながら覚えるタイプなので、後はひたすら週テスト問題集を
くり返しながらいくしかないな。もちろん答え合わせが大事。

テストをやりながら覚えるんじゃなくて、やった後にあれこれ喋りながら
答え合わせや見直し、テキスト確認をして覚えていく・・・という感じだからね。

このあたりの内容は国会や内閣のように覚えることが細かいわけでもないので
何とか覚えていけるようにしたいところ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可