FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
社会 第7回(日本の経済)
2013年04月04日 (木)
社会の第7回は「わたしたちのくらしと経済~日本の経済」

流通とか消費、経済の話。お金のことも。
需要と供給というのも出てきた。
これは時々例えに使うのでやっと出てきてくれてよかった(笑)

今回も何となく普段わかっているような、でも詳しく知らないような話。
だからこちらは「わかってるだろう」と思い込んで軽めにやっておくと
全然わかっていなかった、覚えていなかった・・・ということも。

そうだよねぇ、世の中の仕組みがわかってないもんねぇ(苦笑)
うちはお小遣いも特に持たせていないし、漫画を自分で買う習慣もまだないし
何がどれくらいの金額なのか、そもそもその値段が高いのか安いのか
そういったアタリマエ的なこともまだわかってない。

このことが理由ではないけど、最近はいろんな場面で値段を言ったり
それがどれくらいの価値なのかなどは話すようにしてる。
プリン何個分・・・みたいな(子供か)

うちは何でもホイホイ買ってあげているわけではないけれど
それでも必要な物は買っているし、一人っ子なので恵まれてる方だと思う。
でも買ってもらって当たり前でもないしね、そろそろ現実を知る年頃だもんね。

お金は回っているのだよ・・・

そのお金だって「パンがなければケーキを食べればよろしくてよ」じゃないけど
「足りなければ印刷すればいいのに」くらいな感覚だろうし。
世の中の仕組みがわかるのでとっても良い回だと思う(笑)

銀行の仕事のところでキャッシュカード、プリペイドカード、クレジットカードの
ことも説明書きがあってイマドキだなぁと思った。
「クレジットカードは後で支払いに困ることになります」とも書いてあって
そうだよなぁ、今の子達は最初からカードのある世界だからなぁ。

私達世代は現金しかない暮らしで育ってきて
お金の使い方をひと通り覚えたところでクレジットカードが登場したからね。

これはパソコンやネット生活も同じか。
当然ながら携帯もない時代で育ってきて、リアルに対面しての人付き合いを
経験して(嫌というほど・苦笑)からネットが現れたので
良い面と良くない面を知った上で使い分けることができるもんね。

今の子はいきなりネットありの生活だからなぁ。親がこれだけ使ってりゃ(苦笑)
私も言ってることに矛盾があるかもしれないけど
金銭も人付き合いもできるだけリアルな生活を経てから進んでいって欲しい。

子供の社会の勉強なのにこんなことに思いを馳せてるなんて昭和な母だな(笑)

このあたりの社会の範囲はできるだけ下地になるようにいろんな話をしていくつもり。
後は必要な言葉をサブノートや週テスト問題集で入っていくといいな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可