FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
春休みの予定
2013年03月26日 (火)
気がつけば春休み。無事に5年生も修了した。
何だかあっという間だったなぁ。毎年そう言ってる気がする(笑)

さて春休み。

と言っても普段通り家での勉強を続けるのみ。
単にいつもの週末っぽい感じが連続するって感じで代わり映えしないかも(笑)

塾の春期講習ではこれまでの総復習をするらしい。
長期休暇には総復習をしつつ、次のことも少し予習するのかな?
いや通常の授業があるだろうから復習メインなのかも。

うちも総復習に充てるか・・・と毎回少しは迷いかけるけど結局やらず
そのまま先へ先へと進めて結果的には貯金を作るカタチにしてる。

これが合ってるのか間違ってるのかは定かではないけれど
理科社会だと、ここまでの総復習をしたところでまた後々には薄れてしまうし。

考え方の1つとして薄くでも全体を先に進めてしまって
また最初に戻ってくり返しながらいくっていう方法もある。
例えば算数だと予習シリーズの基本問題だけを全部先に済ませてしまう。
それからまた最初に戻って今度は練習問題をやっていく、とか。

塾の子でデキる子なんかは長期休暇にこんなことやっちゃったりして
基本問題ができた状態で通常授業に臨んで練習問題に取り組んでいく・・・みたいな。

または自宅組でも先に小学校準拠の教材で小学校範囲を全部済ませてから
受験算数に取り組むようにする、とか。

うちはコレに気がついたのが遅かったので、最初から予習シリーズ1本。
基本問題だけで先に進んでいくのではペースが速すぎるし
何となくその単元のものに馴染む前に次の単元に移ってしまうので
基本問題→練習問題とやりながら回を進めてる。

理科社会も予習シリーズテキストに載っている練習問題だけをやりつつ
全範囲をぐるりと一巡済ませてしまうやり方もあるし。
これもうちは1回分ずつをもう少し復習して(週テスト問題集利用)
回しながら進んでいって、組分けテスト前にまた再復習してる状態。

各教科の基本は長期休みでも先に進めておく、ということにしても
算数や理科で引っかかっているところは「〇〇スペシャル」として
練習しておくのも必要なのかも・・・と今思った(苦笑)

あ、でもうちの場合はその時その時で立ち止まってスペシャル組めるか(笑)
今のところ「およよ・・・」という単元がなくもないけど(理科の気体計算とか)
とりあえず春休みは普段通り先に進んでおこう。

ということで全部いつも通り。

算数は現在第7回に入ったところ。

いつも通り1つめの単元をJmediaで映像授業を見て、すぐ基本問題。
翌日にはもう1つの単元を同じように授業を見てから基本問題。
3日目には基本問題の解き直し、4日目・5日目で練習問題(2日に分けてる)
6日目に練習問題の解き直し・・・ということで延べ1週間ほど。

春休みということで強いて考えるとすれば
練習問題を2日に分けなくてもよさそうかな?という点くらい。
でも大雑把になられても困るので(汗)、とりあえず少量ずつ。

理科は第6回、社会は第7回。

理科と社会はこういう長期休暇だと少しペースを変えて

1日目・・・理科の予習シリーズ+サブノート
2日目・・・社会の予習シリーズ+サブノート、
3日目・・・理科&社会の練習問題
4日目・・・理科&社会の週テストA問題
5日目・・・理科&社会の週テストBC問題

イレギュラーな感じの延べ5日間。
春休みで理科・社会ともに第8回まで済ませる予定。

国語はこれまた通常通り。成長する思考力を粛々とやる。
あとは定番の「計算と一行問題集」と「漢字マスター(4年)」を。

でも春休みって意外と短いしあっという間かもなぁ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可