FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
早とちり
2010年04月23日 (金)
ムスメは早とちりなところがある。
お調子者でもなくチョイチョイ~っと飛びつくタイプでもないし
マイペース型なので周りからは早とちりとは思われてないらしい。
私の友達(いわゆるママ友)からも同じ。

だけど結構早とちりなんだよなぁ。
私も今でこそ普通だけど、子供の頃は割とそそっかしかった記憶が。
ってことは私に似たのかな。

問題文を早とちりというだけじゃなくって
答えを書いたつもりで次の問題に行ったり(←つまり書いたつもりで空欄)
式だけ書いて答えも書いたつもりで次に行ったり(←式しか書いてない)

そう、思い込みも激しいので「書いたつもり」になるらしい。



なんじゃ、そりゃ。



マイペースといいながら書くのも早いし、その辺はささっとしてるので
書いたつもりで次へ・・・って、どれだけ高速なんだ(汗)

春休み中には、漢字ドリルの「兄」という答えのところに「口」しか書いてなくて
「どうした??」と聞くと「あ~~、途中で次の問題に行っちゃった~」だそうで。


はぁ~~??? 書き忘れるものか??


いやいや、あり得ないでしょー。


女特有なのかもしれないけど、ながら作業ができてしまうのね・・・(苦笑)
書きながら次の問題へ目を移して、途中なのに次へ進んじゃったみたいな。
これって早とちりというのか注意力散漫というのか。

これはちょっと違うけど、予習シリーズの国語も月曜に前半(解答用紙の表面)、
火曜に後半(解答用紙の裏面)と2日間に分けているんだけど
初日にやたらと時間がかかってるな~と見に行くと、裏までやってる!

おーーーーい、今日はそこまでやらなくていいんだぞーーー。

まぁ初回ってことで慣れてないからね、ヨシヨシ、
明日の分も済んでよかったね♪ということで終わったんだけど
その翌週の月曜日に少々キレ気味に「この問題ってさー」と聞いてきて
そんなとこ出てたっけなぁ・・と思って見に行くと、ハイまた裏面までやってた。

だーーかーーらーー、今日はここまでやらなくていいんだってば。

マグネットでも「予習①」「予習②」と分けて貼ってるんだけどなぁ。
本人もわかってるし、始めるまでは覚えてるらしいんだけど(苦笑)

算数も同じように月・火と2日間に分けてるけど、こちらは間違えないなと思ってたら
昨日「これ、よくわかんないーー」と言ってるので見に行くと


予習シリーズの第3回をやってた


あの~、コレ、来週の月曜でいいんですけど・・・
水曜以降は市販ドリルの日になってるし、前日は普通に市販ドリルやってたよね?
どうして木曜に突然予習シリーズが降って沸いてきた??

というような、突飛な(?)というか、うーん、「へっ?」ということが意外とある。
これを世の中ではオッチョコチョイとでも言うんだろうか。

結局その第3回は基本問題の終わりがけまでやっていたので、最後まで終わらせて
来週の月曜分を済ませたということにした。

ちなみに第3回は「かけ算の筆算」で、答え合わせをしてみると・・・全然できてない。


導入部分をちゃんと読んだのかーーーっ


これもムスメにはよくあることで、「見た」というのが実は見てないこともある。

例えば長期休みに持ち帰ったお道具箱。
中身をチェック(糊やテープ、ペンなど確認・補充)しておくことになっていて
「中は確認した?」の問いに「うん!」と答えたので安心していたら
新学期前日に何気に中身を見たら、糊もセロハンテープも補充されてない。

「見たって言ったよね・・・?」
「うん、見たもん」

普段は割と物分りの良いほうなんだけど、こういう時のムスメは全く読めない。
見た=本当に見ただけ、ということらしいけど、融通きかないにも程がある(汗)

小噺かお笑いネタであった気がするけど、
席を離れる時に友達に「ちょっとこのバッグ見ててくれる?」と頼んだら
本当にじーっと見てるだけで、置き引きに遭うのも見てるだけだった・・・みたいな。

ムスメに荷物を見てるように頼んだら本当にこうなりそうで怖い(汗)

で・・かけ算の筆算、私が紙に書いて説明。
「なーるほど」とわかったようだけど、これを自力でやって欲しいんですが。
当然まだ学校ではやってないことで、これからも習ってないことが出てくるんだから
こんな風に読み飛ばす風にしていってはよくないよ、と話はしておいた。

この話も聞いてるんだか聞いてないんだか。
国語もだけど算数も導入部分はどうしたらいいんだろうなぁ。
自分で読んで自分でやれるようになるための練習だと思って口は出さずに堪えるか。
まだ大変な内容でもないし、自学自習への通り道だと思って様子を見よう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可